うつ病克服法

うつ病の治療期間、完治までの道のり、3つの症状と判断基準

うつ病の回復期とは

うつ病の完治までにはどのような道のりがあるのか?

その様なことにあなたは、お悩みでなないでしょうか?

うつ病は適切な治療を行うことで完治することが可能な病気です。

今回は、うつ病の症状から完治するまでの治療期間や、完治の判断基準、うつ病の原因となる、セロトニン不足と、その対処法について説明いたします。

・・・

うつ病は、真面目で、責任感が強い、周囲への配慮ができ、仕事熱心な人がかかりやすい病気です。

うつ病になると何もできないくらい心も身体も疲れている状態なのに、それでも、無理して、頑張ろうとして、病状が悪化するケースが非常に多いです。

抱えているストレスが大きくなりすぎて、うつ病が発症するケースが非常に多いのですが、十分な休養と適切な治療を受けることによって、完治できるといわれています。

ただ、完治までには、とても長い期間がかかり、また、再発しやすい病気でもあるため、十分に注意が必要です。

今回は、うつ病の完治までの道のりについて以下に説明いたします。

 

こんな症状はありまあせんか?

うつ病の初期症状は、とても軽い状態から始まり、だんだんと重症化していきます。

症状が軽いうちに、医師の診察、治療を受けることで、早期の回復が見込めます。

  • 仕事や家事に集中できない
  • 忘れ物が多い
  • ちょっとしたことで泣いてしまう

 

うつ病が治るきっかけ

うつ病の治療には、休養と、投薬治療が行われます。

抗うつ薬を服用することにより、脳内の神経伝達物質を増やし、憂うつな気分を明るくしたり、やる気が出てくるようになります。

薬の服用で、うつ病が治る人もいますが、

例えば、職場の部署が変わった、転職した、結婚をした、などの環境の変化により、治ることもあります。

また、投薬治療のほかに、精神療法が行われることがあります。物事の捉え方は、日常生活を送る上で、心や身体にかかる負荷に影響を及ぼします。

うつ病になりやすい原因となっている物事の捉え方を修正していく治療が行われます。

これによって、ストレスへの対処法が分かったり、考え方の癖が改善されたり、人間関係が良好になるなど、これらが、うつ病が治るきっかけになります。

 

うつ病か完治するまでの期間

うつ病は一定期間症状が持続することが特徴です。個人差があるため、完治までの症状は様々です。通常は数ヶ月程度ですが、長いケースでは、1年以上に及ぶことがあります。

うつ病発症前と同様の状態まで改善し、寛解状態となります。

寛解状態が4~9ヶ月続くと回復ということになります。

 

うつ病が完治したかどうかの判断基準

一般的には、薬も順調に減らしていって、遂には完全に服薬を中止することができ、物事の捉え方の修正ができたときに、医師は、完治したと判断します。

 

まとめ

  • 医師から服薬中止を指示されたとき、完治
  • 自己判断で、服薬を中止しない
  • 治そうと焦ると、余計に悪化する

 

ココロン
「主治医の先生の事が信じられないんだけど・・・」

川島先生
「先生だって、我々と同じ人間だからね!」

 
 

医師の判断が完治ではない

うつ病の事を忘れることができたときが、完治だ

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生を 無駄 にする人の 共通点

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。

そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。

もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 

質問1:あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?



質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?



質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?






いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません