うつ病は食事で治る、セロトニンを増やす、3つのオススメ食材

うつ病の食事療法

うつ病の改善には、食事が非常に重要であることを、あなたはご存知でしたか?

これまで日本では、うつ病の治療として、食事療法は、あまり、取り入れられてきませんでしたが、海外の研究では、うつ病の発症に食生活運動が関係していることが多数報告されています。

・・・

また、抗うつ薬には、セロトニンの再取り込みを防ぐ作用がありますが、そのセロトニンは食事からしか摂取することはできません。

うつ病と食事の関係を理解して、うつ病の改善回復に役立てましょう。

 

うつ病に効く食材は?

うつ病は、セロトニンノルアドレナリンなどの、モノアミンの不足が、原因だと考えられています。

また、抗うつ薬は、セロトニンの再取り込みを防ぐ作用がありますが、セロトニン自体を増やす効果はありません。

セロトニンは脳血管器官と呼ばれる脳に入るために必要な入り口を通れないことが分かっていて口から摂取したセロトニンは、脳には届かないため、ほとんど効果がありません。

そのため、セロトニンを取ることを意識するよりも、セロトニンの材料となる、トリプトファンの摂取を意識することが重要です。

投薬治療ではなく、毎日の食事で、うつ病予防や、うつ病の改善が期待できるのですから、食事は非常に重要な要素といえます。

 

うつ病の食事で重視したい栄養素

心の働きにかかわる脳内伝達物質は、栄養素によって作られ、栄養素の不足や、血糖調節異常は、うつ病と良く似た症状が現れることがあります。

それでは、うつ病改善に有効な栄養素をご紹介します。

 

ビタミン

ナイアシンやビタミンB6、亜鉛といった栄養素は、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質を合成する過程に必須であり、不足すると、うつ病などの症状を起こしやすくなります。

ビタミンB6を含む食材

魚、バナナ、ニンニク、生姜、玄米、豆類

ビタミンB3を含む食材

レバー、肉、魚、落花生

 

ミネラル

ビタミンと同様にミネラル不足は、うつ病のリスクが高くなると言われています。

ミネラルは亜鉛鉄分から摂取できます。

亜鉛を多く含む食材
牡蠣、うなぎ、牛肉、レバー、大豆製品

鉄分を多く含む食材
レバー、赤身の肉、魚介類、海藻、青菜類、納豆

 

アミノ酸

うつ病の方には、一部の栄養素が不足されていると指摘されていますが、その中の1つが、必須アミノ酸トリプトファンです。

日本人のほとんどは、トリプトファンの摂取不足であるといわれています。

ですので、トリプトファンを含む食材を積極的に摂取して下さい。

トリプトファンを含む食材
納豆、豆腐、味噌汁、豆乳、バナナ、卵、ゴマ、ナッツ類、ヒマワリの種、乳製品

 

うつ病の治療で、投薬治療も大切ですが、人間が生きるうえでもっとも大切なものは、食事です。

投薬治療だけに、頼っていては、うつ病は改善しないでしょう。

今日から、

  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸

を意識した食生活を、心がけて下さい。

 

まとめ

  • うつ病の改善には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸
  • トリプトファンが、セロトニンを作る
  • 規則正しい食生活を、続けること

 

ココロン
「それじゃぁ、今日から、トリプトファンの含まれるものだけ食べるね!」

川島先生
「なにごとも、ほどほどが大切だよ!」

 
 

Pocket
LINEで送る

うつ病が原因で、
失業してからでは、
あなたを助ける
術がありません

【動画】心のグラフとは?


※約2分間の動画です

【動画】心のグラフの使い方


※約5分間の動画です

※ご注意
動画再生すると、音声が流れます。
WiFi 環境でのご視聴を
オススメ致します。

 


心のグラフ・無料体験版を
 
Google Play で手に入れよう
 

もっと詳しく知りたい方は、
こちらをクリック

SNSでもご購読できます。