うつ病

冬季うつ病をチェックリストで診断、原因、症状から治療、対策、予防法まで

毎年、冬になると

  • 憂うつになる
  • 気分が落ち込む
  • 身体を動かすのがおっくう

もし、このような症状がありましたら、あなたは、冬季うつ病の可能性があります。

今回は、冬季うつ病について、ご説明させて頂きます。

・・・

季節と関わる病気・冬季うつ病とは・・・

 

まずは、

うつ病について

うつ病は気分の落ち込み、憂うつ感が特徴的な精神的な病気です。

とくに、朝起きたとき、気持ちが上がらず、布団から出られない、2度寝してしまう、その結果、寝坊してしまう。

しかし、夕方になってくると気持ちが上がってくるこの様な特徴があります。

 

冬季うつ病の特徴

冬季うつ病の最大の特徴は、その病名の通り、うつ病の症状が、冬に限定されて生じるということです。

日照時間が短くなる、秋から冬にかけて、うつ症状が強まり、春になると、自然と回復して、元気になるという特徴があり、特に、20代、30台、の女性に多い病気です。

 

冬季うつ病の症状

以下に、冬季うつ病の症状を示します。

  • 気分が落ち込む
  • 今まで楽しめたことが楽しめない
  • ぐったりとしてしまう
  • 疲れやすい
  • 活動量が低下する
  • 日中の眠気が強い
  • 睡眠時間が長くなる
  • 食欲が増す
  • あまいものを食べたくなる

 

冬季うつ病の原因

冬季うつ病の原因は、はっきりとしています。

それは、冬季、日照時間が短くなることによる

日照量の不足

これが、冬季うつ病の原因です。

日照時間が短い、北欧国、

  • フィンランド
  • スウェーデン
  • アラスカ

などの地域では、冬季うつ病の発症率が非常に高く、人口の10%以上の人が、冬季うつ病に悩まされているというデータがあります。

 

日光とセロトニンの関係

日照量の不足によって、脳内にどのような変化が起こり、うつ病になるのかは、現代の医学では、はっきりと解明されていません。

しかし、日光とセロトニンの関係から、以下のように考えることができます。

セロトニンは、脳内神経伝達物質と呼ばれる脳内の神経間の情報伝達を担当する物質。人間が活動をするために、非常に重要な物質です。

セロトニン不足は、うつ病の直接的な原因と考えられています。

また、メラトニンと呼ばれる、脳内神経伝達物質があります。
こちらは、覚醒と睡眠の時間が交互にやってくる生体リズムを作る基礎になる物質で、夜間の睡眠中に、脳内分泌量が最大になり、昼間の太陽光で、脳内分泌量が抑制されることが分かっています。

つまり、セロトニン不足はうつ症状を促し、メラトニンが起床時に多いままだと、活動的な気持ちになれないということになります。

 

冬季うつ病の対策

冬季うつ病の対策、それは、とてもシンプルです。

太陽の光を浴びることです。

一番効果的なのは、朝です。

朝、目が覚めたら、外に出て、朝日を浴びるようにしましょう。

無料でできて、科学的にも証明されている対策、方法です。

ただし、あなたも想像できると思いますが、冬の朝は、とても寒いです。

そのため、朝日を浴びる前に、布団から出ることさえつらいというのが、本音だと思います。

しかし、科学的に証明されていて無料でできる対策です。

あなたにとって、つらいことかもしれませんが、それによって、日中元気に活動できるのであれば、冬季うつ病を改善できるのであれば、それほど、苦痛ではないと考えます。

これから、本格的な冬が到来します。

寒さが軽い、今のうちから、朝日を浴びる習慣をはじめて下さい。

 

まとめ

  • 冬になると、多くの人は、元気がなくなる
  • 一番の対策は、朝、太陽の光を浴びること
  • 朝の行動で、その日、1日が決まる

 

ココロン
「冬の朝に、お外に出るのは、イヤだよ!」

川島先生
「でもその後に、美味しい朝ごはんが待ってるよ!」

 
 

効果 を求める人
VS
成果 を求める人

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?






いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません