うつ病に効く食材

うつ病に効くレシピをお探しなら、ブロッコリーの作用に注目

もしもあなたが、うつ病を食事から改善するためのレシピをお探しでしたら、

ブロッコリー

の作用にご注目頂きたいと思います。

今回は、ブロッコリーの魅力について、解説していきたいと思います。

・・・

スルフォラファン

ブロッコリーには、スルフォラファンと呼ばれる栄養素があります。

そして、このスルフォラファンが、うつ病の予防や再発防止に効果があることが、千葉大学社会精神保健教育研究センターにより解明された。

また、スルフォラファンは、

  • 抗参加作用
  • 解毒作用

があるため、がんをはじめとする、さまざまな疾病の予防効果にも注目されています。

 

マウスによる実験

スルフォラファンの作用効果を証明するために、この様な実験が行われました。

  • 大きいマウス
  • 小さいマウス

これを、同じケージに入れます。

こうすることにより、大きいマウスは、小さいマウスを攻撃する傾向がでてきます。

それにより、攻撃性の高いマウスを作り出すと同時に、いじめられるマウスを作り出します。

このいじめられたマウスには、人間と同じように「社会的敗北ストレス」が発生し、うつ状態、うつ病と同じような状況を作り出します。

いじめられたマウス

このいじめられたマウスに対して、スルフォラファンの前駆体である、グルコラファニンを含むエサを与えた結果、うつ症状の発症を抑え、予防できる可能性が分かってきた。

 

栄養学的なうつ病予防

脳内のNrf2と呼ばれるものが、低下すると、ストレスが現れ、うつ症状が起こると考えられています。

スルフォラファンには、抗酸化作用をもつ遺伝子Nrf2を活性化し、脳の血管を保護する働きがあります。

今回の実験から、薬物に頼ることなく、栄養学的に、うつ病の予防、改善できる可能性が高まってきました。

 

バランスの良い食事

うつ病をはじめとする精神疾患には、野菜や魚を取り入れた、栄養バランスの高い食事を意識することで、うつ病をはじめとする各種の病気が、改善できる可能性がある。

 

正しい習慣を続けられるか

何事においても同じ事がいえますが、正しい習慣を続けること、これに勝るものはありません。

  • 試しに試してみる
  • 効果がない
  • 諦める
  • また、他のものを試してみる
  • ・・・

このような事を繰り返している人は、何も成果を得る事ができません。

そして、実際に、多くの人が、このような間違いを、永遠と繰り返しています。

同じ間違いを繰り返す人間の事を、一般的に○○と呼びます。

どうか、あなたが、○○にならないことを願います。

 

まとめ

  • ブロッコリーの、スルフォラファンに注目
  • マウスの実験により、証明されている
  • 同じ間違いを繰り返す人の事を、○○と呼ぶ

 

ココロン
「いじめられたマウスが、なんだかかわいそうだね!」

川島先生
「いじめられたって言うより、エサの取り合いなのかな?」

川島先生
「そういえば、ココロン!私の楽しみにしてたピノ、昨日の夜、勝手に食べたでしょ?」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

克服 できない 人の

共通点 とは?

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?






いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません