うつ病に効く食材

うつ病に効く食材をお探しなら、納豆がおすすめな3つの理由

もしもあなたが、うつ病に効く食材をお探しでしたら、

納豆

にご注目頂きたいと思います。

今回は、納豆の魅力について解説していきます。

・・・

うつ病の原因

過剰なストレス、不規則な生活がつづくと、脳内伝達物質セロトニンが減少してしまい、さまざまな体調不良が起こります。

この状態の事を、うつ病と呼んでいます。

このセロトニンの分泌量が正常化することで、体調不良が改善し、よって、うつ病が改善、回復することになります。

 

セロトニンを増やすには

減少してしまったセロトニンを正常化するためには、セロトニンの材料となる、トリプトファンと呼ばれるアミノ酸が必要です。

セロトニンには、あなたに幸福感を与えたり、心を落ち着かせる作用があります。

 

納豆に含まれるトリプトファン

納豆には、100g当たり、200mg以上ものトリプトファンが含まれています。

これは、

  • バナナの20本分
  • 牛乳500ml分

に相当します。

 

トリプトファンの目安

うつ病の改善を目指す場合、1日当たり、1,000mgを目安に、トリプトファンを摂取することが推奨されています。

1,000mgを達成するには、バナナ、牛乳よりも、納豆の方が、はるかに現実的です。

 

納豆による腸内環境の改善

納豆のネバネバ、人によっては、苦手な人もいるかもしれませんが、このネバネバは、ムチンと呼ばれる、水溶性食物繊維、植物繊維の1つです。

納豆を食すことで、腸内環境が改善します。

その結果、食欲を増進する働きがあります。

もしも、あなたが食欲がないことで、お悩みでしたら、ぜひ、納豆をお試し下さい。

 

ナットウキナーゼ

もしかしたら、あなたも、一度くらい聞いたことがあるかもしれません。

ナットウキナーゼという酵素があります。

この酵素は、その名前からも分かるように、納豆固有の酵素であり、納豆からしか摂取することはできません。

ナットウキナーゼには、血液をサラサラにして、血栓を溶かす作用があります。

そのため、全身の血行がよくなり、代謝が向上します。

また、体温を上げる作用があるため、冷え性にお悩みの方にもオススメできます。

 

納豆のコストパフォーマンス

ここまで、納豆の魅力をご説明してきましたが、納豆のすばらしいところ、それは、

値段が安く、コストパフォーマンスに優れていること。

1パック、約35円で購入することができます。

お近くのスーパー、コンビニに行けば、必ず購入することができます。

 

納豆が苦手な人は?

もしかしたら、あなたは、納豆のあのネバネバ、独特のにおい、風味が苦手なのかもしれません。

どんなことでも、正しい習慣を継続することが重要です。

苦手な方が、無理して食べる必要はありません。

無理して、食べても、結局続かないことは、目に見えています。

 

まとめ

  • 納豆のトリプトファン含有量は、他を圧倒する
  • 他にも健康作用がたくさんある
  • 気軽に購入できて、もっとも現実的

 

ココロン
「白いご飯にお味噌汁、納豆があれば、朝から幸せ!」

川島先生
「日本人に生まれてよかったね!」

川島先生
「あれっ!ココロンって日本人なの?」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

克服 できない 人の

共通点 とは?

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?






いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません