接し方

うつ病の主人、旦那さんへの、正しい接し方と、NGな対応

あなたは、うつ病の旦那さんに対して、どのように接したらいいのか、にお悩みではないでしょうか?

ぜひこの記事の続きを読んでください。

・・・

「がんばれ」は禁句

きっとあなたも、うつ病者に対して、「がんばれ」のように、安易に励ますことは禁句ということを、聞いたことがあるのかもしれません。

それでは、なぜ「がんばれ」が禁句なのだと思いますか?

励ましてはいけない理由

一般的な方、健常者の方にとって、相手から「がんばれ」、「がんばろう」のような励ましの言葉をもらった場合、普通は素直に嬉しいと感じることだと思います。

しかし、うつ病の方に対して、「がんばれ」、「がんばろう」という言葉を使うのは、あまりオススメできません。

なぜなら、うつ病の方は、ご本人が今できることを、自分なりに精一杯頑張っているつもりです。

このような状態で、旦那さんに「がんばれ」、「がんばろう」と安易に励ましの言葉を掛けてしまうと、きっと旦那さんは、「もう十分がんばっている」とか、「今まで十分がんばってきた」と感じてしまいます。

そして、「これ以上どうやってがんばれって言うんだ」。

このように、あなたの善意の気持ちで言った言葉であっても、旦那さんから反論されてしまうことだと思います。

「がんばれ」はプレッシャーになる

残念ながら、「がんばれ」、「がんばろう」という言葉は、うつ病の旦那さんにプレッシャーを与えてしまいます。

あなたからの「がんばれ」という励ましの言葉に対して、旦那さんは「あなたの期待に応えなければならない」というプレッシャーを感じてしまいます。

旦那さんが、あなたの期待に応えられる状況であれば、問題ありませんが、うつ病の症状が強く出ている場合など、体調が優れないときは、その期待に応えることができず、そんな自分自身を責めてしまうことでしょう。

その結果、あなたの善意が、旦那さんを精神的に追い込んでしまう可能性があります。

どのように接するべきなのか?

それでは、どのようにうつ病の旦那さんと接するべきなのか?

それは、うつ病の旦那さんの行動そのものには注目せず、間接的に相手を認めてあげることが効果的です。

例えば、

「今日はいつもより表情がイキイキしてるよ」

とか

「今日は声のトーンがいい感じだね、少し回復したのかな?」

このように、旦那さんの行動そのものではなく、旦那さん本人が、自分で気づけないようなことに、あなたが気づいてあげ、そしてそれをご本人に教えてあげてください。

こうすることにより、旦那さんに対して、無駄にプレッシャーを与えることがなくなります。

また、旦那さん自身も、自分が回復してきていることに気づくことができ、そんな自分に自信が持てるようになります。

ぜひ、「表情の変化」、「声のトーンの変化」に注目してみてください。

まとめ

「がんばれ」はプレッシャーを与えてしまう

期待に応えられないことで、余計に自分を責めてしまう

表情、声のトーンの変化に注目する

 

ココロン
「『がんばれ』はプレッシャーになるんだね!」

川島先生
「がんばりたくても、がんばれないのが、うつ病なんだよね!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

崖っぷち主婦の
驚くべき
うつ病 克服の 秘密とは?






うつから 脱出 したいです