うつ病

うつ病で生活保護、気を付けなくてはならない、3つのこと

もしかして、あなた。
うつ病で、経済的に
苦しい状態ですか?

もしかして、あなた。
うつ病で、
生活保護をお考えですか?

もしも、そうなら、
この記事は、
あなたのためのものです。

なぜなら、
絶対に、
気を付けなくては
ならないことがあるからです。

その理由とは

・・・

まず、うつ病で働けない場合に、
生活保護を受けることが可能か
ということについて、
説明いたします。

近年の日本の
厳しい社会情勢の中、
生活保護を受けて
生活している方が
増えています。

傷病者や障碍者の
受給率がかなり高く、
また、年代別に見ると、
就労している世代における
受給率もかなり高く
なってきています。

この傷病者や障碍者の中に、
どれくらいの
精神疾患の患者さんが
含まれていて、
さらに、精神疾患の中でも、
うつ病を理由として
生活保護を受けている方が、
実際にどのぐらいいるのかは、
正確なデータはありません。

しかし、うつ病が理由で、
生活保護を受給されている方は、
かなりの数になると、
推測されています。

ですが、

うつ病が理由で働けない

という理由だけでは、
簡単に生活保護を
受けることは
できないのです。

生活保護を受けるには、
条件があり、
それらを満たしていなければ、
生活保護を受給できない
ようになっています。

 

■ 生活保護の受給条件

  1. 援助してくれる身内や親類がいない
  2. 全く資産を持っていない
  3. 働けない(病気や怪我などでやむを得ず)
  4. 上記、1~3 の状態で、月の収入が最低生活費を下回っている場合

 

これらの4つの条件を
満たしていることが、

最低条件

となります。

それぞれの条件を
見てみると、
生活保護を受給するのは、
かなり難しいことが
お分かり頂けると思います。

 

例えば、

1.の場合、

両親と同居していれば、
両親が扶養できると
解釈され、
この条件を
満たさないことになります。

 

2.の場合

資産については、
かなり厳しくチェックが
行われます。
地域によっても、
違いがありますが、
貯金土地を所有していたら、
生活保護受給の
対象外になります。
さらに、
パソコンの所有まで
チェックされる場合もあり、
状況により、
これらも
資産の一部とみなされ
生活保護受給の
対象外となることもあります。

このように、うつ病による、
生活保護受給のための審査は、
決してあまいものでは
ありません。

上述のとおり、
うつ病による生活保護の
受給は、現実的には、
なかなか難しい
考えたほうがよいでしょう。

どうしても、
生活保護を受給したい
ということであれば、
あなたが持っている資産を
すべて、捨てる
そのくらいの覚悟が
必要になります。

もしもあなたが、
生活保護で、よい生活を
送りたいなどと、
あまい考えをお持ちでしたら、
今すぐ、その考えを
改めて下さい。

生活保護は、
本当に生活に困っている、
それゆえ、これ以上は、
生きていけない
そういう方を
助けるための制度です。

どうか、
勘違いをなさらないで下さい。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる