うつ病

うつ病の初期症状、7つの症状から回復する方法を紹介します

もしかして、うつ病かも?

うつ病だったらどうしよう?

もしもあなたが、そんな不安を
感じているのでしたら、
まずは、うつ病の初期症状から、
あなたの体調をチェックしませんか?

この記事は、
そんなあなたの不安を解消する、
あなたのなめのものです。

なぜなら・・・

まずは、うつ病の基礎知識から
ご紹介いたします。

うつ病は発症前にさまざまな
初期症状が現れますが、

いち早く気づくことで、
早期発見の手がかりになります。

まずは、うつ病の初期症状として、
どのような症状があらわれるのかを、
紹介いたします。

うつ病というと、

  • 気持ちが落ち込む
  • やる気がでない

などの、精神的な症状が有名ですが、
うつ病の初期症状は、

身体の不調から始まるケースが多いです。

■ うつ病の初期症状は、身体の不調から始まる

うつ病の初期症状として、
以下のような症状が現れます。

  • よく眠れない
  • いつもより早く目が覚める
  • 朝起きられない
  • 二度寝をしてしまう

上記のように、うつ病の初期症状として、
非常に多くの方が睡眠障害に悩まされています。

この段階では、
うつ病というよりも、

  • 自律神経の乱れ
  • 自律神経の不調

と判断すべきで、
うつ病と決めつける必要はありません。

また、日中、仕事中に我慢できずに、
うたた寝をしてしまうという症状。

これもまた、自律神経の乱れが原因で、
眠気を我慢できなくなる症状です。

また、「現実的な夢を見る」という
ケースもあります。

例えば、ふと目覚めた時に、
夢の中の出来事と、
現実世界での出来事が、
区別できないくらい
リアル、現実的な夢を見る。

あなたも、朝起きた時に、
夢と現実が区別できなくて、
不思議な感覚を経験したことが
ありませんか?

これは、睡眠中に
脳内の緊張状態が解けず、
現実と夢を混同してしまう
という説が、現在では有力です。

また、

  • 動悸がする
  • 微熱が続く

このような症状も、
うつ病の初期症状と言えるかもしれません。

これらは、長期間のストレス状態が続き、
交感神経が過剰に働いた結果、
発熱状態た続いたり、
その延長に動悸がおこると
考えられています。

また、うつ病の典型的な症状として、

  • 身体がだるい
  • めまいがする
  • 異常なほど汗をかく

これもまた、自律神経の不調、
自律神経の乱れから、
このような症状が起こります。

さらに、

  • 性欲ななくなる
  • 生理不順になる

これらの症状は、
ホルモン分泌の変調、
または、異常により、
起こると考えられています。

ここまで、代表的なうつ病の
初期症状を紹介してきましたが、

うつ病という病気は
初期症状に早めに気づき、

  • 十分な休養を取る
  • 朝は定刻に起きる
  • 夜も定刻に眠りにつく

など、規則正しい生活を送ることで、
自律神経の乱れを正して、
ストレス状態を緩和することができます。

まずは、
あなたの生活習慣を見直すことが、
あなたの症状を、
安全かつ確実に
改善する方法と言えるでしょう。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる