うつ病

うつ病の対策、体験者が語る、今日からできる、3つの対処法

うつ病と甘えの見分け方

うつ病は責任感が強く、真面目で神経質な人がかかりやすいと言われているのは、あなたもご存知の通りです。

そのため、仕事、職場で、「迷惑をかけてしまう」「もっと自分が頑張らなくては」という気持ちで、目先の仕事に集中してしまい、病気を放置してしまうケースが多々あります。

今回は、うつ病の対策として、
今日からできる、3つの対処法をご紹介いたします。

・・・

うつ病は、その他の病気と同じように、しっかりと治療を受けなければ、症状は確実に悪化していきます。

うつ病が軽度のうちに、対策をすれば、比較的、早期の回復を見込めますが、うつ病が悪化してから治療を始めても、なかなか回復が見られず、その結果、治療が長引いてしまうことになりかねません。

うつ病の治療中に気を付けたいのは、間違った判断で病気を悪化させてしまうことです。

うつ病という病気は、治療、および、回復に時間がかかります。

そして、悪化するのはとても簡単な病気です。

今回は、うつ病がどのようなことで悪化するのか、また、どのようにすれば、うつ病の悪化を防ぐことができるのか、うつ病の悪化への対策についてご紹介いたします。

 

うつ病を悪化させる原因

うつ病を悪化させてしまう原因は、以下のようなものがあります。

うつ病を放置する

治そうと焦ってしまう

うつ病は、症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、徐々に回復していく傾向があります。

しかし、実際には、患者さんが、うつ病を早く治して普通の生活を送りたいと考え、少し良くなった程度で治療を止めてしまうことがあります。

しかし、これは、かえって症状を悪化させてしまい、うつ病が長期化してしまいます。

うつ病の治療期間は、最低でも3ヶ月が必要であることを、認識して下さい。

このことを認識しておくことは、非常に重要であり、焦らずじっくりと治療に取り組むようにして下さい。

また、うつ病は、あなたもご存知の通り、再発率の高い病気です。

いっとき、うつ病が回復したとしても、再発してしまう可能性がありますので、通常の生活に戻ることができたとしても、6ヶ月から、1年間は治療を継続することをお勧めいたします。

 

うつ病が悪化してしまったときの対策

うつ病の初期症状として、不眠、肩や首の痛み、倦怠感、めまい、頭痛といった身体症状があります。

また、身体症状だけでなく、集中力が低下したり、物忘れが激しくなる、判断力が低下するなどの、思考に関する精神症状が現れます。

さらに、うつ病の症状が悪化すると、動作が鈍くなる、そして、自殺願望が現れることがあります。

これらの対策としては、十分な休養、十分な睡眠が効果的です。

それでも症状が回復しない場合は、主治医の指示に従うようにして下さい。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる