未分類

うつ病の恋人やパートナーとの付き合い方

お付き合いをしている

うつ病の彼女から、

 

「一緒にいたくない」

「話をしたくない」

 

このように言われてしまいました。

 

私は彼女から

嫌われてしまったのでしょうか?

 

こちらは、

20代の男性から

実際にあった相談内容です。

 

この結論としては

・・・

この彼女は、

彼氏の事を

嫌いになったわけでは

ありません。

 

うつ病になると、

人と会う、関わることが

すごく面倒、

億劫になってしまいます。

 

さらに、思考力が低下しますので、

何気ない会話をしているだけでも、

かなりの体力を消耗してしまいます。

 

お付き合いをしている相手が

うつ病にかかっている場合、

コミュニケーションが

うまく取れない事が

多々あるかと思います。

 

ただし、そのほとんどの原因が、

うつ病の症状によるもの

だと思って間違いありません。

 

これは、身体の病気と同じです。

 

例えば、彼女がインフルエンザに

かかってしまった場合を

想像して下さい。

 

インフルエンザにかかってしまい、

熱があって体がとてもだるい。

 

このようなときに、

 

「一緒にいたくない」

「話をしたくない」

 

とこの彼女から言われたとします。

 

このケースでは、

この彼女は、彼氏の事を

嫌いになったわけではありませんよね。

 

単純に病気により、

熱があって体がとてもだるいので、

今は、一緒にいたくない、

そして、話をしたくない

だけであり、

決して嫌いになったわけではありません。

 

うつ病の場合も

まさにこのケースと同じです。

 

うつ病という病気は、

不安との戦いでもあります。

 

そのため、患者さんは

自分が愛されているかどうかを

試すような言動、行動を

することがよくあります。

 

うつ病の自分が

あなたに愛されているかどうか

不安で仕方がないのです。

 

ですので、

あなたは、患者さんには常に、

 

「いつでも私はあなたの味方だよ」

「うつ病でも愛しているんだよ」

 

このような言葉を

かけてあげて下さい。

 

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる