うつ病

うつ病の頭痛、吐き気、腹痛、耳鳴り、原因と、薬による対策

うつ病で集中力がない

うつ病では、
以下のような
身体的症状が
起こることがあります。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 耳鳴り

今回は、これらの症状に対する
対策をご紹介したいと思います。

まずはじめに

・・・


頭痛についてです。

薬を飲んでも、
頭痛が治らない。

病院に行っても、
頭痛が治らない。

ズキズキと頭が痛い、
頭が締め付けられるように重い、
あなたは、
こんな頭痛を経験した事が
ありませんか?

一晩寝ると、
翌日には治っている。

このような場合は、
特に心配はいりません。

しかし、頭痛が慢性的に続き
不快な気分に悩まされる場合は、
日常生活に
支障が生じることがあります。

頭痛は大きく分けて、

・症候性頭痛
・機能性頭痛

の2つのタイプに分かれます。

 

■ 症候性頭痛

脳や身体に異常があって
おこるタイプの頭痛

くも膜下出血、脳腫瘍
などの重大な病気が
原因で起こる頭痛

病院で検査を受け、
原因となっている
病気を治療

 

■ 機能性頭痛

脳や身体に異常がないのに、
繰り返し起こるタイプの頭痛

・片頭痛
・緊張性頭痛
・群発頭痛

ストレス、不安、
うつ病などの
心理的問題が関与

日常生活でも、
何か悩みや心配事があるとき

頭痛の種がある

という表現が使われるくらい、
精神的、心理的ストレスと
頭痛が密接に
関係していることは、
経験的に
理解されている事です。

しかし、うつ病などの、
精神的病気と、頭痛が
関係しているということは、
あまり知られていません。

以下に、うつ病と頭痛の発症の
因果関係を説明します。
 

  1. もともと、頭痛を持っていた人が、たまたまうつ病などの精神疾患になった場合
  2. 頭痛に悩んでいるために、二次的な症状として抑うつや不安状態に陥った場合
  3. うつ病やパニック障害などの精神疾患の身体的な症状として、頭痛が現れた場合
  4. セロトニンを中心とした共通の生理学的な要因を背景として、頭痛とうつ病が共存している場合

 
治療をする上で、
うつ病が見落とされる
可能性が高く、
後に問題となるケースが
多いのは、
(1)、(3)のケースです。

(1)のケースでは、
頭痛が続いて
気分がなんとなく
落ち込みがちでも、
頭痛だから仕方がない
と解釈されることが
多いです。

(3)のケースでは、
頭痛が続いていても、
市販の頭痛薬で
抑えようとします。
しかし、
うつ病の身体症状として
頭痛が起こっている場合は、
市販の頭痛薬でよくなることは
ほとんどありません。
この場合には、
うつ病そのものを
治療しなければ、
頭痛は改善しません。

それでは、なぜ、
うつ病により、
頭痛が発症するのか?

その理由の1つとして、
人は精神的に不安になると、
通常よりも痛みに対して
敏感になるということが
あげられます。

片頭痛や緊張型頭痛で、
市販の薬を飲んでいるのに
改善されない場合は、

その背景に
うつ病が伴っている
可能性があるため、
一度、
専門医を受診することを
お勧めいたします。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる