うつ病克服法

うつ病は、薬を売るための病名だった・実は投薬のほとんどが無意味

抗うつ薬

うつ病の人は’99年を境に急増しました。同
年に抗うつ薬のSSRI
(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)の
ルボックス(デプロメール)が
認可されたのがきっかけです。

製薬業界はSSRIを売るために、
うつ病啓発キャンペーンを
大々的に展開しました。
『うつ病は心の風邪』
という言葉が流行して、
本来は病気とは
言えないような人も
うつ病と認定されることになり、
薬を処方されるようになったのです

・・・

こう語るのは
名古屋フォレストクリニック院長の
河野和彦氏。

実際、
下のグラフを見ればわかるように、
’96年には43万人程度だった
日本のうつ病患者は、
わずか12年のうちに
100万人を超えるようになった。

また同時期に、
地方公務員や公立学校職員などの
公務員の「メンタル休職率」も
急増している。

地方公務員のメンタル休職率は
’98年に0・3%程度だったのが、
’06年には1%近く、
つまり3倍にも増えているのだ。

うつ病患者の増加は、
バブル崩壊後、
失われた10年で
日本社会にストレスが
増えたからなどと
語られることもあるが、
とうてい社会環境の
変化だけでは
説明のつかない増え方だ。

製薬会社の
「心の風邪」キャンペーンに
見事にひっかかり、
ちょっとした心理的不調で
「自分はうつ病かもしれない」
と思い込む。

そして神経内科に
通院する人が増えたというのが
本当のところだろう。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる