うつ病克服法

うつ病治療・カウンセリングで、約80%の方が、寛解します!

あなたは、カウンセリングを
受けたことがありますか?

心療内科、精神科に
行って、うつ病と診断されると

確実に、抗うつ薬、睡眠薬
精神安定剤などの、

投薬治療を行っている
ケースが多いと思います。

しかし、これらの薬は、
うつ病特有の症状を、
抑えて、日常生活に
支障がない程度に
するものであり、

実は、投薬治療は、
根本的な治療法では
ありません。

それでは、理想的な
うつ病治療とは、
なんなのでしょうか?
・・・

理想的なうつ病の治療法
それは、
うつ病専門のカウンセラーによる
うつ病専門のカウンセリングです。

先進国アメリカでは、
うつ病治療の

第一選択は、
カウンセリングです。

第二選択は、
認知行動療法です。

第三選択として、
投薬治療

このようになっています。

日本のうつ病治療とは、
正反対で、

うつ病治療といったら、
カウンセリングなのです。

なぜ、日本では、
うつ病治療に
カウンセリングを行わない。

もしくは、
カウンセリングを
行う機会が少ない
のでしょうか?

それは、
心療内科や精神科の
お金の稼ぎ方が
関係しています。

あなたが、心療内科、
または精神科に受診した時を
思い出して下さい。

病院の待合室で、
30分、場合によっては
1時間以上ということも。

かなり待たされますよね。

そして、「次の方どうぞ」
といわれ、
あなたは、主治医の先生と
お話を始めることでしょう。

さて、ここで、
主治医の先生とのお話は、
どのぐらいの時間でしょう?

・ 5分
・10分
・15分

せいぜいこんなもんでしょう。

そして、
とりあえず、前回と同じ
お薬を出しておきますね。

診療は、以上でおしまいです。

1時間も待たされて、
診療はたったの10分。

あなたは疑問に思いませんか?

この医師は、
私のうつ病を治す気があるのか?

そんな疑問や疑惑を
感じたことはありませんか?

日本のうつ病治療が
投薬治療が主体。

理由は簡単です。

医者にとって楽な仕事で
かつ
医者にとってお金が儲かる

からなんです。

お医者さんだって、
お金を稼いでなんぼです。

わざわざ儲からない商売を
好んでするわけがありません。

逆に言うと、
カウンセリングによる治療法は、
医師にとって、大変な業務であり、
ぜんぜんお金が儲からない。

だから、カウンセリングを
実施してくれる病院が
少ないのです。

あなたのうつ病が、
いつまでたっても
治らないのは、

医師が楽をしたいから
医師の金儲けの理由

このように解釈する
こともできます。

全ての医師が
このような考え方だとは、
思いませんが、

普通に考えたら、
楽して儲けるビジネスを
優先するのはごく自然です。

医師だって、人間ですから。

話を元に戻しますが、
うつ病治療に
もっとも効果的なのは

カウンセリングです。

あなたにとって、
相性のいい
カウンセラーさんを見つけ、
積極的にカウンセリングを
受けるようにしてみては
いかがでしょうか?

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る