うつ病

仕事のストレスが原因で、うつになりました。うつ人生の始まり

私は、25歳のときに、
仕事のストレスが原因で
うつになりました。

まずはじめに出てきた症状は、
不眠です。

一日中仕事をして、家に帰ってきたのに、
布団に入っても、
まったく眠くならないのです。

・・・

一睡もできない状態で、
次の日に仕事に行くわけですが、
一睡もできてないわけですから、
今度は、日中、仕事中に、
猛烈な睡魔に襲われるのです。

この睡魔は、恐ろしいくらい強烈で、
まるで、吸い込まれるように、
眠り始めてしまうのです。

ひどい時は、上司に業務報告をしている最中に、
眠り落ちてしまうくらいだったんです。

この状況はやばい。
私は薬局に行って、薬剤師の先生に相談し、
市販の睡眠薬を購入して、
眠るようにしました。

ところが、この市販の睡眠薬は、
まったく効かず、
結局、夜中一睡もできない状態が
毎日のように続きました。

市販の睡眠薬って、
結構高額なんですよね。

それなのに、効かないって、どういうこと?

そんな状況で、
なんとか会社勤めを続けていたところ、

見かねた、私の上司は、

「今すぐ、病院に行くように、
心療内科があるところな」

そのような経緯で、
私は、初めて心療内科に
行くことになりました。

心療内科では、主治医に現在の状況を説明し、
【不眠症】と診断されました。

睡眠薬を処方してもらいました。

さっそく、家に帰って、睡眠薬を飲み、
布団に入ること数分、
意識がもうろうとし始め、

気が付いたら次の日の朝になっていました。

眠れた。この睡眠薬良く効く。
よし、これで、なんとかなるかも。

そして、会社に出勤。
これで、昼間に睡魔に襲われることはないはず。

自分に自信が持てるようになってきました。

早速仕事に取り掛かろうとしたとき、
異変に気が付きました。

何から手を付けていいのか分からない。
今までみたいに頭が働かない。
集中力がない。
そして、仕事に対する意欲が湧いてこないのです。

もう一度心療内科に行って、
先生に相談してみよう。

先生に状況を説明すると、
うつと診断されました。

うつ、うつって、精神疾患の病気だよね。

もしかして、私、
非常にヤバイ病気にかかってしまったのか?

今まで、まったくの健康体だった私が、
精神疾患のうつになってしまった。

絶望感で押しつぶされそうになりました。

先生からは、うつを治すには、
抗うつ薬を服用し、そして、
カウンセリングが必要と言われたので、
次回のカウンセリングの予約をとり、

その日は、家に帰ることにしました。

早速、処方された抗うつ薬を飲んで、
眠ることにしました。

これが、私の壮絶なうつ病人生の始まりです。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる