うつ病

私は、躁鬱病と診断されました。でも、うつ病より楽かもしれない

私は、25歳の時に
仕事のストレスが原因で
・不眠症
と診断されました。

その2週間後
・うつ病
と診断されました。

それから3年後、
・躁鬱病
と診断されました。

躁鬱病という病気、

主治医いわく、
うつ病よりも厄介な病気
なんだそうです。

その理由は・・・

躁状態のときに、
さまざまなトラブルを
起こしてしまうことが
あるからです。

例えば

■ 人間関係のトラブル

口論になって、
暴力を振るってしまったり、

■ お金のトラブル

クレジットカードで、
どんどん購入してしまい、
後になって払えない
パターン

■ ギャンブル

・パチンコ
・パチスロ
・競馬
・etc

などに、はまり過ぎて、
お金が無くなってしまう

お金が無くなるだけなら
まだましで、

借金をしてまでギャンブルに
のめり込んでしまう

そして、後々になって、
躁状態だったときの
自分の行動に後悔し、

今度はうつ状態になります。

そして、
自ら命を絶ってしまう

このパターンは非常に多いです。

私も主治医からは
躁鬱病と診断されています。

確かに、
パチンコにのめり込んでいた
時期がありました。

パチンコをやらない人には、
全く理解できない行動に
思えるでしょうが、

パチンコというゲームは、
人間の心理的欲求を満たす
非常によくできた機会で

大当たり
または、
大当たりしそうになると

脳内ホルモン
・アドレナリン
・ドーパミン

が脳から体内に放出されて、
強烈な快感を得られる
そういう仕組みなんです。

その強烈な快感があるから、
人はギャンブルにはまるのです。

私も躁鬱病の躁状態のときは、
今日はパチンコで
負ける気がしない
必ず勝てる
そんな気がして、
パチンコ屋さんに
出向いていました。

そして、大当たりがくれば、
躁鬱病の躁状態が
ハイパーな状態になり、
究極の快感を得ることが
できるのです。

ですので、
躁鬱病の人は、
くれぐれも注意して下さい。

・人間関係
・お金関係
・ギャンブル

他にも、
いろいろ注意しなければ
ならないこともあるかと
思います。

現在、私の場合は、
躁鬱病の躁状態になると、
パソコンに向かって、
ブログ記事を書いています。

今まさに躁状態だと思います。

次々に言葉、
文章が浮かんでくるので
ブログ記事を書くのが
非常に速いです。

ただ、病的といえば、
病的だとは思います。

自分の場合は、
躁鬱病であることを
自覚しているので、

この躁状態を
うまく有効活用するように
しています。

ですので、
躁鬱病で悩んでいる人は、
私と同じように
ブロガーを目指してみたら
いかがでしょうか?

コツをつかめば、
ある程度の副収入も
得られるかもしれません。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる