うつ病克服法

薬物療法は一時的に症状を抑えるだけの対症療法

受験うつを改善する方法

あなたは鎮痛剤という薬をご存じですか?

 

いわゆる痛み止めです。

 

痛み止めは神経を麻痺させる薬です。

神経を遮断して一時的に

治ったように錯覚させます。

これが痛み止めの正体。

・・・

神経を麻痺させているだけですから、

薬が肝臓で分解され、

尿と一緒に排出されたら、

また痛みが出ます。

 

歯の治療をするときにも

痛み止めの麻酔薬を注射しても、

時間が経過し麻酔が切れると

痛みが出ます。

それと同じことです。

 

痛み止めに限らず、

抗うつ病薬にも同じことが言えます。

 

精神科・心療内科で

出される薬が向精神薬です。

 

脳に作用する薬の総称で、

中枢神経に作用して、

気分を変えるものです。

 

主に次のような薬があります。

 

  • 抗不安薬

不安を取り除いて、

抑制・沈静化する薬

 

  • 抗うつ薬

うつ状態を改善する

興奮作用の強い薬

 

  • 睡眠薬

中枢神経に作用して

眠気をもたらし、

抑制・沈静化する薬

 

全ての薬は一時的に症状を抑え込む、

脳に作用して麻痺させているだけであり、

症状の原因に

働きかけているわけではありません。

 

その本質とは毒作用の応用です。

対症療法であり、

根本治療ではないのです。

 

日本の医師が処方する睡眠薬・抗不安薬、

ベンゾジアゼピン系と

呼ばれる抗精神薬で、

依存性、中毒性が高いことが、

厚生労働省により警告されています。

 

医師の指示通り薬を服用することは

重要なことです。

 

しかし、それら薬はであることを、

あなたは自覚する必要があります。

 

毎日飲み続けているものが、

であること。

 

その年数が長引くほど、

あなたの身体に

ダメージが蓄積されることは、

容易に想像ができるでしょう。

 

あなたの人生、

あなたの身体

 

薬に依存し続けるのも

あなたの自由です。

 

薬を減らす努力をするのも、

あなたの自由です。

 

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる