うつ病の症状と対処法

躁うつ病症状、躁鬱病の症状をわかりやすく解説、9つの症状

うつ病治る人治らない人共通点

気分が落ち込むときと、
気分が高まり、
テンションが上がり過ぎてしまう。

もしかしたら、あなたは、
躁うつ病の可能性があります。

でも心配しないで下さい。
私自身も躁うつ病と診断されましたが、
社会生活で特に支障がありません。

今回は、うつ病躁うつ病違い
ご説明させて頂きます。

・・・

まずは、うつ病の代表的な症状について
以下に記述します。

 

■ うつ病の代表的な症状

  • 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)
  • 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない
  • 疲れているのに眠れない、
  • 一日中眠い
  • いつもより、早い時間に目が覚める
  • イライラする
  • 焦燥感(過度な焦り)がある
  • 精神的に落ち着かない
  • 自分に罪悪感を感じ、自分を責める
  • 自分は価値のない人間と感じる
  • 思考力が落ちる
  • 記憶力がおちる
  • 死にたくなる
  • 表情が暗い
  • 涙もろくなった
  • 反応が遅い
  • 落ち着きがない
  • 飲酒量が増える
  • タバコを吸う量が増える

 

■ うつ病・身体的に現れる症状

  • 食欲がない
  • 体がだるい
  • 疲れやすい
  • 性欲がなくなった
  • 頭痛や肩こりがする
  • 動悸がする
  • 胃の不快感
  • 便器がちになる
  • めまいがする
  • 口が渇く

 

続いて、躁うつ病、双極性障害の症状を
以下に記述します。

 

■ 躁うつ病、双極性障害の症状

  • 睡眠時間が少なくなっても、平気になる
  • 寝なくても元気で活動を続けられる
  • 人の意見を聞かなくなる
  • 話し続ける
  • 次々にアイデアが出てくる
  • 次々にアイデアが出てくるが、それらを組み立てて、最後までやり遂げることができない
  • 根拠のない自信に満ち溢れる
  • 買い物やギャンブルに莫大な金額をつぎ込む
  • 初対面の人にやたらと声をかける
  • 性的欲求が高まる

 

以上が、躁うつ病(双極性障害)の
代表的な症状になります。

そして、躁うつ病の場合は、
躁うつ病の症状と、うつ病の症状、
躁状態うつ状態
周期的に繰り返すことが、
大きな特徴です。

躁うつ病方の場合、
躁状態のときに、
上記のような、
過剰な行動を起こしてしまいます。

そして、躁状態が終わり、
うつ状態に入ると、

躁状態のときの
行き過ぎた自分の行動に気がつき、
それらに後悔をし、
今度は、自分を責め始めます。

その罪悪感のため、
自傷行為自殺行為
してしまうことがよくあります。

そのため、躁うつ病は、
うつ病よりも厄介で、
非常に危険な病気でもあります。

しかし、現在では、
よい薬が開発されていて、
躁状態、うつ状態を緩和してくれる
お薬があります。

代表的なのは、
炭酸リチウム系のお薬です。

もしも、あなたが、
躁うつ病の疑いがある、
または、それらの症状により、
社会的生活で、
支障をきたすようでしたら、

心療内科、精神科の先生に相談して、
躁うつ病の症状を抑えるお薬を
処方してもらうことをお勧めします。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる