うつ病

鬱、うつ病の症状と仕事、休むべき?続けるべき?3つの理由

鬱の症状で身体がしんどい。
鬱の症状で頭が回らない。

今までなんとか仕事を続けてきたが、
そろそろ限界か・・・

仕事を休むべき?
それとも、
続けるべき?

もしもあなたが、
このようなことをお考えでしたら、

この記事はあなたのためのものです。

なぜなら・・・

鬱が原因で、仕事を休むべきか?
それとも、仕事を続けるべきか?

これはあなたにとって、
非常に大きな選択と言えるでしょう。

仕事を休めば、あなたが今まで頑張ってきた、
職場での評価が、確実に下がるでしょう。

鬱は病気とはいえ、やはり、
その他の病気とは異なり、

まわりからの視線は厳しいものになるでしょう。

職場、まわりからは、
メンヘラか?
というレッテルを
張られてしまうかもしれません。

あなたの職場での評価にも
もちろん影響があるでしょう。

あなたは、今まで、
だれよりも頑張ってきましたよね。

・会社のため
・利益のため
・会社の人たちのため
・家族のため
・あなた自身のため

あなたが今まで一生けん命頑張ってきた理由。
他にも理由はあるかもしれません。

その理由はあなた自身が
一番分かっていることと思います。

仕事を続けるべきか?
鬱を理由に仕事を休むべきか?

あなたはきっと、相当悩んでいることでしょう。

あなたにとって、非常に大きな問題です。

しっかりと考えて、判断する必要があります。

判断基準として重要なことは、

先ほど上げた、
あなたが今まで頑張ってきた理由と、
それと、これからあなたが大切にすべきもの

そして、それの優先順位を決めること。

これにより、
あなたがこれから先の選択肢を決めるべきでしょう。

・会社のため
・利益のため
・会社の人たちのため
・家族のため
・あなた自身のため

上記のリストの中から、
あなたが大切にすべきものを
もう一度冷静になって考えましょう。

もし、あなた自身で決めることが
出来ないようでしたら、

あなたのご家族にも一緒に考えてもらうべきでです。

会社での評価、周りからの評価を優先するべきか?

あなたの身体を優先するべきか?

このまま仕事を続けていって、
鬱の症状が改善する見込みがあるのか?

この問題は、もちろん、
あなたの主治医の先生とも相談すべき問題ですが、

主治医の先生との相談の時間も限られています。

病院に行く前に、
あなたは、
自分が進むべき道を決めておく必要があります。

あなたの会社では、
過去に鬱による休職した人の例がありますか?

その人は、
その後どのような評価になりましたか?

過去の鬱による休職事例も非常に重要になります。

あなたの将来のことで、
今一度、よくご検討下さい。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる