うつ病

鬱の治療方法は、薬の服用?もしかしたら、ダマされている?

抗うつ薬

私は25歳の時に、
鬱病と診断されました。

それ以来、毎晩寝る前に、
抗鬱剤を飲み続けてきました。

もちろん、良くなる時もありますが、
鬱が悪化して、
身体が動かなくなるときもありました。

サラリーマンをしていた自分にとって
鬱病で身体が思い通りに動かないのは
致命的でした。

ここでとても重要なのは、
抗鬱薬の副作用です。

抗鬱薬は、確かに、
鬱症状を緩和してくれる効果があります。

しかし、その反面、副作用により、
逆に、体調が悪くなることを
あなたは理解しているだろうか?

・・・

あなたは、精神科または心療内科に行き、
様々な抗鬱薬を処方してもらっている
ことと思います。

主治医の先生の言葉を信じて、
この抗鬱薬を飲めば安心。

そう思っているかもしれません。

主治医の先生は、
抗鬱薬の効用と、その副作用について、
説明してくれているはずです。

鬱病のお薬の、処方箋の紙、
効用と副作用について、
詳細に記載された紙の事です。

あなたはしっかりと、
内容を理解していますか?

もしかして、
さらっと流し読みしている
だけではありませんか?

眠気、口渇、便秘、注意力の低下
集中力の低下、胃腸障害、頭痛
排尿障害、吐き気、むかつき
立ちくらみ、めまい

代表的なものだけでも、
これだけの副作用があります。

抗鬱薬を飲めば体調がよくなる?

違いますよ。

上記の副作用が出る代わりに、
あなたの鬱症状が、
比較的良くなるかもしれない・・・

その程度なんです。

あなたは、主治医の先生の言葉を信じて
毎日毎日、抗鬱薬を飲んでいるのに、
いつまでたっても、鬱病が治らない。

その事を悩んでいませんか?

あなたは、鬱症状と、
副作用による体調不良の違いを
正しく理解していますか?

もしかして、体調が悪い理由を、
全て、鬱病のせいにしていませんか?

体調が悪い理由の8割は、
抗鬱薬の副作用が原因です。

ただし、自己判断で、
抗鬱薬の服用を止めてしまうことは
大変危険です。

抗鬱薬には、離脱症状という、
最も強烈な副作用があるからです。

毎日、抗鬱薬の成分が
体内にある状態から、
いきなりなくなってしまう。

こうなると、
一気に鬱症状が悪化することでしょう。

あなたが、あなたの鬱症状を
改善させるためには、

主治医の先生と相談しながら、
今まで服用してきた抗鬱薬を
少しづつ、減らしていくしか
ありません。

精神的に辛い時には、
信頼できるご家族、ご友人、知人、
場合によってはカウンセラーの先生に
相談して、精神的な不安を取り除き、
抗鬱薬依存から、脱却すること。

これが、あなたが、
これからすべきことです。

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる