うつ病克服法

うつ病の人が陥りやすい 10個の思考パターンとは?

きっとあなたは、うつ病を患ってから、

どうせ私はうつ病だから

とか

どうせ私はダメ人間

などと考えることが多くなったことだと思います。

今回は、うつ病の人が陥りやすい、10個の思考パターンについてご紹介したいと思います。

・・・

うつ病の人が陥りやすい10の思考パターン

① 全か無か思考(完全主義)

深夜残業して書類を作成中。

「完璧に仕上げなければプロジェクトから外される・・・」

② 心の色眼鏡(選択的注目)

週末には仕事を持ち帰り「やることリスト」に10もの課題を書き出したAさん。

8つはこなしたが、やり残した2つの課題ばかり気をとられている。

「あぁ、日曜の夜までにはすべて仕上げるつもりだったのに・・・」

③ 拡大解釈と過小評価

プレゼンテーションの資料にちょっとした数値のミスがあり上司に指摘された。

「こんなミスをしてしまって今回のプレゼンテーションは完全に失敗だ。」(拡大解釈)

「この程度のことはできて当たり前なのに。僕は何をやってもダメだ。」(過小評価)

④ 結論の飛躍~悲観的占い~心の読みすぎ

「このままでは、プロジェクトから外されるかもしれない・・・」(悲観的占い)

上司や同僚のちょっとした言動がきになり、

「きっと上司に嫌われているに違いない」(心の読みすぎ)

⑤ 過度の一般化

「プレゼンだって、まともに出来ないし、自分はプロジェクトに貢献できることは何もない。そして新しい部署にも、会社にも迷惑をかけるかもしれない。私なんて居ないほうがみんな喜ぶに違いない・・・」

⑥ 自分自身への関連付け(個人化)

上司がデスクを指でたたき、イライラした様子であるのを見て、

「自分の仕事ぶりが、上司を苛立たせているに違いない・・・」

⑦ すべき思考

最近しきりにAさんが考えることは、

「リーダーなのだから、部下より情報と知識を持っていなくてはならない」

⑧ レッテル貼り

そして呟きました。

「僕はダメなリーダーだ・・・」

⑨ 感情的な決め付け

次第にAさんは不安な気持ちが強くなっていきます。

「こんなに不安になるなんて、きっと自分にはリーダーは無理かもしれない。そして、自分は近いうちに大きな失敗をするかもしれない」

⑩ マイナス思考

後輩が「Aさんがんばってますね!」と声をかけてくれても、

「僕が出来ているはずはない。そんなことを思ってもないくせに・・・」

と感じるようになってきました。

いかがですか?

あなたも、思い当たる点がありませんか?

このような思考パターンがあなたのうつ病の回復を遅らせています。

ご自身の思考パターンを理解して、マイナス思考に陥らないように注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる