うつ病

うつ病の人に言ってはいけない 3つの禁句 とくにご家族

心のグラフの川島です。

今回は、うつ病の人には絶対に言ってはいけない禁句・タブーを3つ、ご紹介したいと思います。

・・・

私自身もうつ病経験者で、とくにうつ状態がひどい時に、周りから言われたこと、例えば、友人、知人とか、家族とかから言われて、とても嫌な気持ちになったり、その言葉でうつの症状が悪化してしまうこともありました。

そんな私の実際の経験から言えることですので、きっとあなたも共感できる内容なんじゃないかな?と思います。

また、あなたの周りにうつ病で悩んでいる人がいる、という方だったり、うつ病で悩んでいるご家族の方をサポートをしている方にとっても、大変参考になる内容になっていると思います。

頑張れ・頑張って

よく、うつ病の人に『頑張れ』『頑張って』は禁句・タブーと言われています。

これはとても有名で、きっとあなたもどこかで聞いたことがあると思います。

このような、相手を励ますための言葉、相手を元気づけるための言葉ってのは、一般の方、健常者の方の場合は、自分は応援してもらえてると感じ、実際に励まされたり、その言葉によって、もっと頑張れるのかもしれません。

でも、うつの方の場合は違います。

その方のうつの状態によっても変わってくるのですが、とくに、うつの状態がひどいときには、『頑張れ』『頑張って』という言葉をかけるべきではありません

なぜ、『頑張れ』『頑張って』がNGなのかというと、うつの状態がひどい時というのは、生きているだけで精一杯って感じで、もう十分頑張ってきたし、今もギリギリ頑張って生きている。そんな感じなんです。

にもかかわらず、『もっと頑張れ』とか言われてしまうと、うつの方はどう思うのか?

『もう十分頑張っているのに、さらに頑張れって。ああこの人は、自分の気持ちを理解してくれない人なんだ。』

このように感じ、とても悲しい気持ちになって、さらには、あなたに対する信頼感が、一気に無くなってしまいます。

それでは、『頑張れ』『頑張って』がダメなら、どのような言葉をかけるべきなのか?

それは、例えば、

自分のペースでやればいいからね!とか、

焦らなくてもいいからね!などのように、

私はあなたの事を見守ってますよ!

応援してますよ!

というような気持ちを伝えることが、うつの方の気持ちを楽にして、実際にうつの改善への大切な第一歩となります。

他にも、『気合で乗り切れ』とか、『気持ちの問題だ』とかも同じですね。

絶対に避けてください。

そろそろ仕事を始めてみたら?

2つめの禁句・タブーとして、

そろそろ仕事を始めてみたら?とか、

そろそろ働けるんじゃない?という言葉ですね。

これは、とくに家族、とくに両親から言われることが多いと思いますが、うつ病って言う病気はとにかく、体調が回復するまでにかかる期間が長いんですね。

私の場合、実際に外に出て働けるようになるまで4~5年かかりましたし。

ただ、家族としては、なにもしないで家でゴロゴロしている姿を見てると、将来の事とかいろいろ心配になってしまうので、『仕事始めてみたら?』と言ってしまったりとか、『これから先、働く気があるの?』と思ってしまう気持ちも分かります。

ただ、うつ病になる人っていうのは、本来まじめな方が多いので、本人が一番分かっていて、考え、感じてることなんです。

例えばご本人は、

そろそろ仕事を始めてみようかな?

でももう少し体調が改善したら、

もう少し体調が安定したら、

などと、毎日考えているものですし、

いつかはうつ病を克服して、病気になる前みたいにバリバリ仕事をしたいって思っているものです。

ただ、実際に復職して働けるかどうかは別問題なんですね。

無理して焦って、復職、再就職とかを無理やりして、うつ病がぶり返してしまい、今まで以上に悪化してしまうというケースは非常に多いんです。

そして、最悪なのが、復職してうつが再発して、また休職。いわゆる復職の失敗。この復職の失敗を繰り返してしまうこと。

これだけは絶対に避けたいことなんですね。

なぜなら、職場の人たちは、もう病気は完全に治って、他の人たちの同じだけの仕事ができるものだと考えて、本人に接します。

それなのに、また体調が悪化、仕事を休みがちになり、さらには再び休職。

これを繰り返すと、本人の社会的信頼度が失墜してしまいますし、なによりも本人が一番傷つくし、自信をなくし、自尊心が低下して、さらに体調が悪化する、こういう悪循環になってしまいます。

ですので、ご家族の方が無理矢理、外の世界に追い出すようなことは、絶対に避けるべきだと思います。

将来のことどう考えてるの?

続いて3つめの禁句・タブー。

『将来の事どう考えてるの?』

『将来の事ちゃんと考えてるの?』

これもご家族の方、とくに両親が、ついつい言いたくなってしまう言葉だと思うんですけど、

うつ病で悩んでいる方って、実は『将来の事、めちゃくちゃ考えてます!考えまくっています!』

でも、しっかりと通院して、治療を続けているにもかかわらず、体調が改善しないこと、それからうつ特有のネガティブ思考のせいで、

将来の事を考えても考えても、絶望的であることしか、考えられなくなってしまうんです。

そして、将来に絶望した結果、『死にたい』とか『もう死ぬしかない』って考えてしまうんです。

つまり、ご家族の方が、『将来の事どう考えてるの?』と問うことは、『死にたい』とか『もう死ぬしかない』って考えを起こす原因になってしまうんです。

つまり、ご家族の方の、配慮の欠いた発言、たった一言でも、うつ病の症状は、一気に悪化してしまうことがあるんです。

ご家族としても、ご本人には元通り元気になってもらいたいはずですよね?

逆効果になるようなことは、絶対に止めましょう!

まとめ

うつ病の方に言ってはいけない3つ禁句・タブー

  1. 頑張れ・頑張って!
  2. そろそろ仕事始めてみたら?
  3. 将来の事、どう考えてるの?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる