認知行動療法

認知行動療法 7つのコラム法 例文で分かりやすく解説

もしもあなたが、うつ病の投薬治療に限界を感じているようでしたら、認知行動療法をご検討してみてはいかがでしょうか?

今回は、認知行動療法の中でも代表的な7つのコラム法について、解説させて頂きます。

・・・

認知行動療法 7つのコラム法

① 状況・出来事

(いつ、どこで、誰と、なにを、どのように?)

9月15日、16時00分

夕方、家のベランダでタバコを吸っていた時、父親と母親が、それぞれ仕事から帰ってきた。

② 気分・感情

(どんな感情をどの程度感じたか?)

焦り(70%)、自責(90%)、不安(60%)

③ 自動思考

その時浮かんだ自分の考え、ふとよぎった「私は…」「相手は…」「世の中は…」「将来は…」に続くような考えを書きます

逐語的に。複数ある場合は、気分が最も強く動揺した考え(=ホットな自動思考)に○印をつける。

みんなそれぞれ仕事をしているのに、自分は家でゴロゴロしているだけ。

自分はただの引きこもりニートだ。

考え方のクセ

あてはまるものに○

①全か無か思考、②こころの色眼鏡、③拡大解釈と過小評価、④結論の飛躍、⑤過度の一般化、⑥自分自身への関連付け、⑦すべき思考、⑧レッテル貼り、⑨感情的な決め付け、⑩マイナス思考

④ 根拠

自分の考えの根拠となる真実

両親はそれぞれ、仕事に出ている。

自分は今、仕事をしていない。

目的も、目標もなく、ダラダラと生活している。

100人中、何人?

あなたと同じ出来事を経験したら、100人中何人があなたと同じ考え方をすると思いますか?

90人

⑤ 反証

自分の考えと逆の事実や例外となる事実

理由があって働けない人も大勢いるはず。

自分は職場復帰プログラムに通っているし、生活習慣にも気をつけている。

以前は食事、トイレ以外は、ほぼ寝たきりの状態だった。

⑥ 適応思考

自分を大切にする考え方

④根拠、⑤反証の両方の事実をふまえたらどんな考え方になりますか?

確かに今、自分は仕事をしていないし、仕事を探そうともしていない。

ただ、サボっているわけではなく、減薬を最優先に考え、静養に努めている。

職場復帰プログラムにも通っているし、生活習慣にも気をつけている。

以前は、食事、トイレ以外、ほとんど寝たきりの状態だったのに、今は、日々、活動的になってきている。

⑦ 新しい気分・感情

自分を大切にする考え方をした結果の感情

焦り(40%)、自責(40%)、不安(50%)

まとめ

① の状況・出来事から始まり、7つのステップを踏んでいくと、マイナスな感情が和らぐことを実感できることだと思います。

知識として理解するだけでなく、実際に紙とペンで書き出すことで初めて効果を実感できます。

ぜひ、認知再構成法、7つのコラム法に挑戦してみてください。

1度では不十分です。

7つのステップを暗記するぐらい、何度も何度も練習してください。

7つのコラム法は、あなたにとって、うつ病の再発予防のための、貴重な『スキル』になるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる