うつ病

抗うつ薬が効かない理由、そもそも8割の患者には無意味だった

きっとあなたは、うつ病と診断されて以来、何年もの間、主治医の先生の指示通りに抗うつ薬を服用する、いわゆる「薬物療法」を続けてきたことだと思います。

しかしあなたの期待とは裏腹に一向にうつ病が改善しない、抗うつ薬が効かないことにお悩みなのかもしれません。

そんなあなたに朗報です。

なぜなら、あなたの悩みを一つだけ解決できそうだからです。

そもそも、8割の方には無意味だからです。

・・・

うつの8割に薬は無意味

「うつの8割に薬は無意味~病院で薬漬けにされてはいけない!」という書籍を執筆されている、埼玉県、獨協医科大学越谷病院教授、井原医師はこのように説明しています。

「NNTといって、薬の効能を示す指標があります。09年に発表された論文によると、うつ病にSSRI(抗うつ薬は、化学構造の違いから「三環系」「四環系」「SSRI」「SNRI」などに分類される)を処方した場合のNNTは7~8。つまり、抗うつ薬で治るのは7~8人のうち1人です。2012年に発表された論文ではNNT3~8でした。間をとって仮にNNT5とすれば、抗うつ薬が効くのは20%。8割の患者に無意味なのです」

引用:朝日

シンプルに説明すると、このようなことになります。

抗うつ薬による治療でうつ病が改善するのは、7~8人のうち、たったの一人だけ。

回復が見込める人の確率は、たったの20%。

つまり、80%のうつ病患者にとっては、まったく無意味なことなのです。

なぜ薬が効かないのか?

きっとあなたは、抗うつ薬を飲み続けても、うつ病が改善しないことに、疑問を感じたたり、不安を感じていることだと思います。

そんなあなたの疑問が一つ解決したことだと思います。

その理由は、そもそも20%しか効果が期待されないものに、あなたが、100%を期待してしまっていること。

つまり、あなたの「あまりにも身勝手な、都合の良い解釈、勘違いだった。」と言えます。

大学受験に例えると?

分かりやすいように、問題を大学受験に例えてみたいと思います。

あなたの希望する国立大学への合格率は、20%、E判定です。

第二志望の私立大学への合格率は、70%、B判定です。

確かに国立大学の場合は、私立大学より学費が低く抑えられるのでメリットがあります。

しかし、そもそも合格率20%の大学に挑戦すること自体が、あり得ないことです。

浪人生活何年目ですか?

きっとあなたは、それでも、合格率20%の大学への進学を希望し続けていることだと思います。

その結果、何年も浪人生活を続けることになりました。

そこにかける時間とお金、もったいないと思いませんか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる