安楽死

海外での安楽死にかかる費用はいくら?

心のグラフの川島です。

もしもあなたが、長年うつ病に悩まされ、投薬治療を続けてきたのに回復の見込みがない。

もはや、生きていても仕方がない。

できれば安楽死を希望する。

そのような事をお考えでしたら、ぜひこの記事の続きをごらんください。

・・・

海外では安楽死が認められている

日本では安楽死は法的に認められていません。

しかし、海外では安楽死を法的に認めている国があります。

例えば

  • オランダ
  • ベルギー
  • ルクセンブルグ
  • スイス
  • カナダ
  • アメリカの一部の州

オランダでは保険適用

オランダでは安楽死が認められていて、しかもオランダ在住者には保険が適用され、無料で安楽死を受けることができます。

そのような背景もあり、オランダ国内に死因(死亡原因)の約4%が安楽死によるもの、というデータもあります。

外国人の受け入れはしていない

先ほど挙げた、安楽死が法律的に認められている国であっても、基本的に外国人の受け入れはしていません。

ただ、そんな中でも、外国人の安楽死希望者を受け入れている医療団体が、スイスにあります。

スイス最大規模の「ディグニタス」という医療団体、それから、ここ数年で知名度や実績をあげてきた「ライフサークル」という2つ医療団体があります。

約150~200万円が相場

外国人の安楽死希望者の場合にかかる費用は、旅行費込みで、約150~200万円が相場となります。

その内訳は、年会費として年間約6,000円。

医師や弁護士を通して行われる診断書などの調査料として、約34万円。

スイス人医師2人の直接診断書として、約12万円。

自殺幇助の費用として、約35万円。

警察などの捜査費用として、約6万円。

火葬や遺体搬送費として、約28万円。

これに渡航費と、スイス滞在中にかかる宿泊費を合計すると、外国人がスイスで安楽死を受けるためには、約150~200万円ぐらいの費用がかかることが分かります。

つまり、経済的に余裕のある人しか、安楽死という選択肢を選ぶことはできないということが分かります。

語学力も要求される

ここまで申し上げてきて、経済的理由で安楽死へのハードルが高いことをご理解頂いたことだと思いますが、実はもう一つ高いハードルがあります。

それが、語学力です。

医療団体側は、あなたが死期を早めたい理由を慎重に診断していきます。

具体的には、

あなたが耐え難い痛みをかかえているのか?

その痛みとは、ずっと続くものなのか?

痛みを緩和する、代替手段はないのか?

など、本当にあなたにとって、安楽死以外の選択肢はないのかを、慎重に判断していくことになります。

このような医師の診断において、あなたが、英語またはドイツ語で説明できなくてはいけません。

仮に、経済的に余裕があったとしても、語学力がなければ、安楽死を選ぶことはできません。

安楽死は、あなたの手に届く選択肢ではない、ということを、ご理解頂きたいと思います。

まとめ

・日本では安楽死は、法的に認められていない

・スイスでの安楽死には、150万円以上の費用がかかる

・安楽死を受けるためには、語学力も必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる