うつ病克服法

新しいことに挑戦しようとすると 必ずカベが現れることを理解しておく

きっとあなたは、『うつ病を克服するため』に、なにか新しいことに挑戦してみよう。

そのように考えたことが過去になんどもあったことだと思います。

しかし、そんなあなたの挑戦は、ことごとく失敗に終わったことだと思います。

なぜなら、そこには必ず、カベが現れたから・・・

ではないでしょうか?

・・・

自分の行動にストップをかけてしまう

何か新しいことに挑戦しようとすると、きっとあなたの心の中では、

『これはやめておこう』とか、

『これはちょっと危ないな』、

『これはちょっとリスクが高いか?』、

『これは嫌だな・・・』、

『これは自分には無理だな・・・』、

などといった、あなた自身の心のなかで、自分の行動にストップをかけるカベが現れます。

このカベは、あなたの安心・安全をまもってくれるものです。

そして、このカベのおかげで、無謀なチャレンジをして、あなたを傷つけることを、最小限に抑えることができるのです。

子供のころを思い出して

今あなたが、新しいチャレンジをする際に壁にぶつかってしまうその原因を、あなたの子供の頃の行動をもとに、もういちど考えて頂きたいと思います。

子供というのは、とにかく好奇心が旺盛で、予想がの事ばかりしてしまうものです。

危険を理解せずに、ボールを追いかけて道路に飛び出してしまったり、触れたら火傷してしまうような熱いストーブに手を触れようとしてしまったり。

自転車に乗り始めるときなど、まだ、左右のバランスもとれていない。

にも拘わらず、カカンに自転車をこごうと挑戦してしまいます。

もちろん、自転車の場合であれば、じっさいに上手に自転車にのれるようになるまでに、なんども危険な思い、痛い思いを繰り返しながら、徐々に上達していくことだと思います。

親や大人の助言を聞いているうちに

しかし、『道路に飛び出したら危ないでしょ!』とか、『そっちに行ったら危険だよ!』、『車が走っているところでは、自転車の運転は危ないよ』と、親や大人たちから何度も言い聞かされているうちに、だんだんと心の壁がつくられてしまいます。

これをきっかけに、

『あそこに行ったらあぶない!』、

『熱いものに触ったら痛い思いをする!』、

『自転車は危険な乗り物だ!』

といったように、自分で自分にブレーキをかけるように成長していきます。

このようにして、だんだんと大人になっていくのです。

カベの内側は 同じ自分でいられるハズ

私たち人間は、『過去の経験』に基づいて、現在の行動を選択します。

過去にうまくいったことには、ますます同じことを繰り返そうとします。

それとは反対に、過去に同じことを何度か失敗してしまうと、

『もうそれはやっても無駄だ。』

というように、あなた自身が、心の中でカベを作りはじめます。

このようなことを繰り返してしまうことで、

『自分はこの程度の人間だ。』と考えはじめ、さらには、

『自分は、Aさんみたいには、すごくないけど、Bさんよりは、まともななずだ。』とか、

『こういうのは好きだけど、ああいうのは苦手だ。』、

『これはできそうだけど、あれは無理だと思う』などという、自己イメージが出来上がってしまうのです。

自分の可能性の領域を限定している

このようなことは、別の言い方をしてしまうと、自分自身の周囲をカベで囲み込むことで、あなたの行動、活動領域を、『限定』してしまっていることになります。

そして、このカベの内側にいる自分のことを、個性と呼ぶこともできます。

つまり、あなたが今作った、そのカベの内側が、あなたの性格を決めている、ということです。

このカベがあるおかげで、あなたな昨日とだいたい同じ、今日を過ごすことができ、さらには、今日とだいたいおなじ明日を、そこそこ安心、安全に過ごすことができるのです。

このカベがあるからこそ、あなたは毎日同じ自分でいられるのです。

毎日おなじ自分から抜け出すためには

もしもあなたが、今の自分に100%満足しているのであれば、今まで通りのカベの内側で行動、活動すべきだと思います。

なぜなら、そこには、安心や安全が、ほとんど保証されているからです。

しかし、もしもあなたが、

『こんな人生はイヤだ!』とか、

『現状を打破したい!』とお考えでしたら、今まであなたの心の中に作り続けていた、カベの外側に出てみる必要があります。

もちろん、カベの外とは、安心や安全が保障されていない領域なので、不安や恐怖を感じることがたくさんあることだと思います。

うつ病を克服するために

もしもあなたが、本気でうつ病を克服したい。

そのようにお考えでしたら、その答えは、きっとあなたの頭はすでに理解していることだと思います。

カベの内側でとどまることなく、積極的にカベの外側の領域で行動、活動する。

さらには、不安や恐怖に立ち向かっていく勇気が必要です。

まとめ

・子供のころは、好奇心が旺盛だったはず
・大人になるとは、自分の可能性を限定してしまうこと
・うつ病とは、自分の活動領域を限定してしまった結果だ

ココロン
「ワタシのスタンプを作っても、成功はしないって言われちゃったの。。。」

川島先生
「その言葉を真に受けてしまったら、そこがカベだよね!」

ココロン
「そうだよね!」

ココロン
「『できない』って思っちゃったら、できる事も、できなくなっちゃうよね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

治らない人共通点 とは?

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?







いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません