うつ病克服法

ボルダリングでうつ病が治るという研究結果、試してみました

あなたは、ボルダリングという競技をご存知でしょうか?もしご存知のないようでしたら、VS嵐のクリフクライムをイメージしてみてください。

・・・

ドイツで行われた研究

この研究はドイツで行われ、うつ病患者100人以上を対象として試験が行われました。

まず、被験者を2つのグループに分けます。

ボルダリングをするグループ

1つのグループの方には、ボルダリングを週に3時間、これを8週間続けてもらいました。

ボルダリングをしないグループ

もう1つのグループには、ボルダリングは行いませんでした。

試験結果

このような試験を行った結果、ボルダリングを実施しなかったグループに比べて、ボルダリングを実施したグループの方は、明らかにうつ症状が改善した、という結果が分かりました。

この研究の監修を行ったアリゾナ大学のエバマリア氏によると、

「ボルダリングは、一瞬一瞬に気を配り集中する必要がある。競技をしているときには、自分の生活に起きていることに心を奪われる余地がなくなる。ホールドにつかまり落ちないようにしなければならないから」

とコメントしています。

私も試してみました

私自身、ボルダリングはまったくの初心者です。

子供のころは、木登りなどは得意でしたが、現在36歳になる私にとっては、自分の体重を、腕と足で支えることは、非常に難しい、正確には、自分の体重を支え続ける自信がないため、怖いというのが正直な感想です。

2段、3段と上っていくうちに、指に力が入らなくなってきます。

そうなると、このまま力尽きて、地面に落下してしまうのでは?という恐怖がやってきます。

この恐怖があるため、全神経、全思考は、壁にしがみつくことだけに集中することになります。

余計なことを考えている余裕なんて、微塵もありません。

ボルダリング中に考えることは、上り続けるか、あきらめて降りるかの2拓です。

そのぐらいの緊張感と、恐怖感があります。

初心者用の壁でギブアップ

私は、1時間ほど、計5回くらい挑戦しましたが、今回は、初心者用の壁にも関わらず、ギブアップという結果になりました。

体力、とくに指の握力が低下してしまい、これ以上続けることができないため、今後の課題ということで、今回はギブアップすることにしました。

しかし、挑戦して、クリアできないことは、やっぱり悔しい。

次回の挑戦までに、少し体力づくりと、減量をしておこう。このような向上心が生まれたことも事実です。

うつ病で将来が不安?

もしもあなたが、うつ病が治らなくて将来が不安、そのように感じているのでしたら、ボルタリングを試してみてください。

きっとあなたも、将来のことなんて考えている余裕がないほどの、緊張感と恐怖感を体感できることだと思います。

あなたの新しい可能性が見つかることを、祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる