うつ病

うつ病の治療期間は、3ヶ月間です

 

うつ病の治療期間は、3ヶ月間です。

3ヶ月あれば、治るものです。

もしもあなたが、それ以上治療を続けているのでれば、その治療は本当に正しいのでしょうか?

・・・

心理療法を選んだ場合

うつ病の治療として、認知行動療法による治療、心理カウンセリングによる治療を選んだ場合は、うつ病の治療期間はたったの3ヶ月です。

投薬治療を選んだ場合

うつ病の治療として、投薬治療を選んだ場合は、その治療期間は、不明です。

比較的かんたんにうつ病が治る人もいますが、1年、3年、5年続けても、治らない人は治りません。

多くの人が投薬治療を選ぶ

残念な事に、日本においては、うつ病患者のほとんどが、治療期間が不明な、投薬治療を選びます。

かく言う私も、投薬治療を選んでしまった結果、うつ病が完治するまでに8年かかりました。

投薬治療を選んだ理由

私が投薬治療を選んだ理由。それは、投薬治療の方が、一ヶ月間当たりにかかる治療費が安いからです。

私がうつ病になった当初、主治医の先生から尋ねられました。

投薬治療と、カウンセリング治療、どちらがいいですか?

カウンセリング治療の場合、1回のカウンセリングで、4000円。

週一回のペースで通うと、1ヶ月当たり、16,000円。

投薬治療の場合は、1ヶ月当たり、3,000円程。

この金額だけで判断してしまえば、コストパフォーマンスに優れている投薬治療を選んでしまうのは、当然といえる。

余りにも無知だった

今になって思うこと、それは、私自身が余りにも無知だったこと。

もしもあの時、心理療法を選んでいれば、私のうつ病はたったの3ヶ月で完治していたはずだ。

そして、それにかかる費用は、わずか、48,000円。

たったのこれだけのお金をケチってしまった結果、8年間も投薬治療を続けてしまった。

トータルで28万円

私は8年間の投薬治療で、トータルで28万円ものお金を捨て続けた。

しかし今となって思うこと。

お金の問題ではなく、時間の問題

私は、25歳のときにうつ病になり、それ以来8年間、暗黒の時代を過ごしてしまった。

当時の私にとって、心理療法における48,000円という金額は、確かに高額に感じた。

しかし、今となっては、たったの48,000円で、もっと別の素晴らしい人生を手に入れることができたはずなのに、そのチャンスを自ら潰してしまった、自分自身の愚かさに愕然とする。

お金は働けば稼げる

お金は働けばある程度なら稼げます。

しかし、

失った時間は取り戻せない

あなたにとって、お金と時間、どちらが大切ですか?

 

記:川島 剛

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる