うつ病

うつ病の改善にコーヒーが効く、効かない、本当はどっちなの?

うつ病コーヒー効く

うつ病の改善にコーヒーが効く

という話を聞きました。

ネットで調べてみると、うつ病にコーヒーは、

  • 効く
  • 効かない

両方の意見があるようです。

本当のところは、どちらなのでしょうか?

・・・

私はコーヒーが好きです

個人的な話ですが、私はコーヒーが好きです。

ファミレスに行っても、ファストフードのお店に行っても、基本的にアイスコーヒーを注文します。

そして、ミルクと砂糖(シロップ)は1つづつ、お願いします。

甘くて、マイルドな感じのコーヒーが好きです。

 

ブラックコーヒーは苦手です

ブラックコーヒー派の人からすると、甘党な私を見ると、『よくそんな甘いコーヒーを飲めるよね』なんて言われてしまいます。

自動販売機で、缶コーヒーを買うと、押したボタンと違った商品が出てくるときってありませんか?

私は過去に、普通の缶コーヒーを買ったのに、ブラックコーヒーが出てきた経験が何度もあります。

そのときの、絶望感は、非常に大きいです。

 

さて、

コーヒーでうつ病を予防できるのか?

ハーバード大学で行われた、調査結果によると、

1日2~4杯のコーヒーを飲んでいる人は、飲んでいない人に比べて自殺の危険性を約50%減らす作用がある

このような結論が出ています。

つまり、

コーヒーで自殺を防げる

ということでしょうか?

さらに、

コーヒーに含まれるカフェインが中央神経システムを刺激し、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌を促すことで、抗うつ剤と同じような役割を果たす。

という解説まであります。

コーヒーは抗うつ薬と同じ効果

とまで書かれています。

これが真実なら、コーヒーが好きな人にとっては、期待が持てますよね?

 

しかし、

コーヒーはうつ病を悪化させる

コーヒーはうつ病を悪化させる可能性があるという、意見もあります。

コーヒーには、カフェインが多く含まれています。

カフェインを過剰に摂取すると、交感神経を刺激するため、うつ病を悪化させてしまうという意見です。

交感神経が刺激されると、人は、興奮状態になってしまいます。

当然、夜寝る前にコーヒーを飲むと、寝つきが悪くなるでしょう。

これは、常識的なことですよね。

 

寝る前を避ければ、メリットが多そう

寝る前にコーヒーを飲むと、交感神経が刺激されて、寝つきが悪くなる。

しかし、それ以外の時ならば、コーヒーを飲むことのメリットが多そうですね。

 

どんな食品でも、そうですが、「〇〇が体に良いからたくさん摂ると良い」と、極端に摂取するのは、避けましょう。

 

まとめ

  • コーヒーを飲むと、交感神経が刺激される
  • 寝る前は、コーヒーを避ける
  • 何事もほどほどが大切

 

ココロン
「川島先生は、アイスコーヒー好きだよね?」

川島先生
「飲むと、ホッとするんだよね!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる