うつ病の症状と対処法

「自分のダメなところ探し!?」していませんか?

人というのは、何かうまく行かないことがあると、その原因を探りたくなります。

原因を探ることは、問題を解決するために必要なことです。

しかし、気をつけないといけないのは、原因を探しているつもりが、いつの間にか自分を責めることに変わっていて、自分自身を苦しめてしまうことです。

・・・

うまく行かないことが続くと、自分に自信を感じられなくなります。

すると、無意識に、「ものごとがうまく進まないのは、自分のせいだ!」と考えたくなってしまうのです。

問題の原因を探していたはずなのに、あなたのダメなところ探しになってしまうのです。

そうなってしまうと、問題解決から遠ざかってしまい、ただあなた自身を苦しめることになってしまいます。

ですので、そのようなときには、うまくいかない事がある中でも、あなたなりにできていることを、意識的に見つけていくことが大切になってきます。

ネガティブな部分だけを見るから苦しくなる

たとえば、責任感が強く、人が嫌がる仕事も率先してやる、真面目な人がいたとします。

その人は、新入社員が入ってきたとき、「みんなが仕事に慣れるまで、自分が頑張らなくてはいけない」と積極的に働きました。

仕事が忙しくなり、帰宅時間も遅くなる日が続いていったのです。

疲れても、「先輩として、こんなことで弱音を吐いてはいけない」と無理して頑張っていましたが、だんだんと仕事に集中できなくなり、ミスが目立つようになってきました。

そこで、「このままではいけない!」と思い、上司に事情を話し、仕事を減らしてもらうことにしました。

しかし、それでも、その人の心がラクになることはありませんでした。

なぜなら、「自分が一人で頑張りすぎたために、周りに迷惑をかけてしまったんだ」と考えていたからです。

たしかに、自分一人で多くの仕事を抱え込み、ミスをするようになったのは事実です。

しかし、その部分だけを見ていたら、自分を苦しめることになってしまいます。

心のバランスを取る

つらい状況から抜け出すには、「心のバランス」を取ることが重要です。

自分のネガティブなところばかり見ていたら、ポジティブな側面も探して、バランスを保つようにするのです。

たとえば、その人が一生懸命頑張ったから、部下は新しい職場になれるまでの時間を得ることができたはずです。

また、その人が頑張ることで、締め切りに間に合わせることができた仕事もあるはずです。

そして、正直に自分の状況を説明して、仕事を減らしてもらったことも、自分をほめてもいいところだと思います。

それなのに、あたかも「自分が頑張ったこと が悪い」かのように否定してしまうから、自分をツラくさせてしまうのです。

自分の問題点ばかりを見ていることに気づいたら、自分が出来たことも評価して、その部分を伸ばすような工夫をしていきましょう。

そうすれば、あなたの気持ちがラクになりますし、ストレスに負けないココロを育てていく事もできます。

うまくいかないとき、原因をあなた一人のせいにしてはいけません。現実をしっかりと捉えて、問題の本質を見て行きましょう。

ココロン
「お部屋のお掃除はできなかったけど・・・」

ココロン
「お皿洗いとお洗濯は、頑張れた!」

川島先生
「よく頑張ったね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

治らない人共通点 とは?

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?







いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません