うつ病の症状と対処法

うつ病で、動悸が起こる原因と、その対処法

もしもあなたが、うつ病で、

激しい動悸

に悩んでいるのでしたら、ぜひこの記事を読んで下さい。

・・・

そもそも動悸とは?

ウィキペディアによると、動悸とは、このように書かれています。

動悸(どうき)とは心臓の拍動が自分で感じられる状態を指す。

動作時や貧血時にみられるが、基本的には自覚症状であり他覚症状ではない。

・・・

少し難しい表現ですが、シンプルに言うと、

心臓の動きに異変を感じたとき

という事になります。

動悸が起きる原因

動悸が起きる原因は様々ありますが、その代表的なものは、「ストレス」です。

人間の身体は、過剰なストレス、悪いストレスがかかると、

  • ストレスホルモン
  • 自律神経

が乱れ始めます。

ストレスホルモンの影響

私たち人間は危険から身を守るため、ストレスや緊張状態になると、その状態からいつでも逃げ出せるに、身体の中で、準備を始めます。

その準備とは、

  • 血液量を増やす
  • 心拍数を上げる

これにより、いつでも危険から回避できるように、なります。

この

  • 血液量の増加
  • 心拍数の増加

を動悸として感じることになります。

本来、動悸とは、危険から身を守るための、正常な働きです。

自律神経の乱れ

うつ病の方は、どちらかというと、自律神経の乱れが原因で、動悸が起こることが多いです。

自律神経とは、私たちが意識しないでも自動的に働いてくれる身体の機能です。

たとえば、

  • 心臓を動かす
  • 呼吸をする
  • 汗をかく

これらは、あなたが意識することなく、自動的に働いてくれる機能で、もしもこの機能がなければ、あなただけでなく、私たち人間は生きていることが非常に難しいことです。

それほど、重要な機能です。

うつ病の人は自律神経が乱れている

個人差はありますが、うつ病の方の多くは、自律神経が乱れていて、うつ病だけでなく、主治医の先生から、自律神経失調症と合わせて診断されることも多いです。

そして、この自律神経が乱れてくると、ストレス、不安、緊張を感じたときに、交感神経が過剰に活性化します。

交感神経が活性化すると、血圧が上がり、心拍数も増加します。

この結果、あなたは、心臓に異変を感じ、それを動悸として感じることになります。

さらにうつ病の人は、緊張状態に対して、敏感になっているため、些細な事であっても、それを不安に感じ、動悸を感じることになります。

 

うつ病の動悸の対処法

動悸が起きると、「もしかしたら、このまま心臓が止まって、死んでしまうのではないか?」と感じてしまうかもしれません。

私自身も、うつ病がひどいときには、動悸に悩み、恐怖を感じていました。

動悸が起こったときには、とにかく、ストレスの原因となっているものから離れてください。

 

まとめ

  • 動悸は身を守るための正常な防衛反応
  • 自律神経の乱れると、動悸がおきやすい
  • ストレスの原因から離れると、解消する

 

ココロン
「川島先生、お化け屋敷で、ワって脅かすの止めてよね。」

ココロン
「ホントに心臓が、ドキドキしちゃうんだから・・・」

川島先生
「その方が、お化け屋敷が楽しくなると思ってさ・・・」

川島先生
「でも、ごめん。もうやらないからね!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる