うつ病

うつ病の治し方を探すより、ゲームで現実逃避したほうが良い

ゲームなんかしても、うつ病が治るわけではない。

確かに、ゲームで遊ぶことが直接うつ病が改善することにはならないかもしれない。

しかし、自問自答し、自分を責めて苦しむぐらいなら、ゲームの世界に現実逃避していた方が、心が楽にいられるはずだ。

・・・

うつ病の治し方を探す

きっとあなたは「うつ病を治したい」と考え、これまで「うつ病の治し方」を探し続けてきたことだと思う。

しかし、その結果あなたが探していたものは見つかっただろうか?

きっと今も、あなたの探し物は見つかることなく、そして、これからも答えのないものを探し続けることだと思います。

100%確実な治し方があれば

もしも100%うつ病が治る方法があるのであれば、きっとNHKの健康番組などで、その方法を紹介してくれることだと思います。

あなたの主治医の先生も、その方法を教えてくれるはずです。

そもそも無いのです

残念ならが、あなたが期待している答えは存在しないのです。

無いものはどんなに一生懸命探しても、見つかるはずがないのです。

ゲームで現実逃避

純粋にゲームを楽しんでいる人も大勢いますが、「現実逃避」のためにゲームをプレイしている人も大勢います。

大人になると生きているのがイヤになってしまうことがたくさんあります。

そんなイヤなことを忘れるため、一時的であっても心が楽になり、心を休めるために、現実逃避という行動は必要なのです。

ゲームにお金を払うこと

もしかしたら、あなたはゲームにお金を払うことはもったいないこと、更にはバカバカしいことなどと思っているのかもしれません。

それとは反対にゲームを楽しんでいる人からすれば、無意味な治療、無意味な薬のためにお金を払い続けることの方がよっぽどもったいない、バカバカしいと考えることだと思います。

ドラマも映画も現実逃避

テレビドラマや、映画であっても、あるいみ現実逃避行動と言えます。

好きなドラマや映画に夢中になっているときには、イヤな現実世界を忘れることができるはずです。

これらに夢中になっているときは、悩んだり、自分を責めて苦しんだりしなくて済むはずです。

テレビドラマや映画の内容によっては、少なからず勇気を貰えたり、励まされたりといった経験があると思います。

一時的な現実逃避は必要

現実のすべてのイヤなでき事から、逃げ続けることはできません。

しかし、いつもいつも、イヤなでき事を考え続けなくてはいけない理由もありません。

1日1時間ぐらい

1日、24時間のうち、1時間ぐらい、空想の世界で現実逃避してみると、あなたの心が楽になるかもしれません。

まとめ

無いものは、探しても見つからない
みんな現実逃避の時間を持っている
あなたに足りないのは、現実逃避行動なのかも

 

ココロン
「ゲームしてると、あっという間に4時間ぐらい、時間が経ってるよね?」

川島先生
「あなたの場合はゲームのし過ぎだから、さすがに!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる