川島剛

心のグラフ・川島剛のブログ記事は、誤字脱字が多い

もしかしたらあなたは、心のグラフ川島剛のブログ記事は、

誤字脱字が多い

この様に感じているかもしれません。

実際には、その通りです。

でも理由があります。

・・・

本来、几帳面な性格です

私、心のグラフ、川島剛は、本来とても几帳面な性格です。

ブログを書き始めた頃には、1記事書き終わったら、1字一句誤りがないかのチェックを2回以上していました。

読者の方に、

  • 信頼してもらいたい
  • 気持ちよく文章を読んでもらいたい
  • 真面目な人というイメージを持って欲しい

理由はいろいろありますがが、とにかく、誤字脱字のチェックに相当な時間をかけていました。

 

文脈、文章までこだわっていた

誤字脱字のチェックだけではありません。

文脈、文章まで、非常にこだわっていました。

この方が、

  • 読者にとって読みやすい
  • 説得力がある

何度も、何度も書き直していました。

 

それらを止めた理由

止めた理由①

当初は、誤字脱字のチェック、文脈文章の変更までこだわっていました。

でも、それら全てを止めることにしました。

・・・

なぜなら、

過去の記事を読み直すと、決して

  • 読みやすくもないし
  • 説得力もない

自分では、あれだけ時間をかけて、丁寧に文章を書いていたつもりだった。

しかし、過去の記事を読み返すと、少しも読みやすくもないし、説得力もない。

その記事を書いたときは、自己満足を得られたが、今、冷静に考えると、

虚しさ

そして、

恥ずかしさすら感じる。

止めた理由②

私には、非常に尊敬している、ライターさんがいる。

その人に憧れて、その人のように、かっこよく、スマートで、説得力のある文章が書けるようになりたい。

そのような思いでブログを始めた。

しかし、その人を目指せば、目指すほど、出来ない自分に気づき、苦しくなる。

苦しくて苦しくて、どうしようもなく。

そして、最終的には、ブログ記事すら書く事ができなくなってしまった。

止めた理由③

私は、有名な文豪を目指しているわけではない。

これらの記事を、お客様にお金を払って読んで頂くつもりはない。

だったら、そんなに文章力にこだわる必要はないのでは?

そのように考えることにした。

 

誤字脱字のチェックを止めると

誤字脱字のチェック、文脈文章の調整など、すべての作業を止めると、気持ちがとても楽になる。

今、私があたまの中で考えていることを、ただただ、たんたんと文章にしていくだけ。

 

イヤなら読まなければいいだけ

もしもあなたが、誤字脱字だらけの私の記事を読みたくないのであれば、あなたが読まなければ良いだけの問題です。

他人のあら捜しを得意とする人は、私のお客様になって頂く必要はありません。

 

まとめ

  • 本来は、几帳面な性格です
  • 自分が来るしくならない方法を見つけた
  • イヤなら読まなければ良いのでは?

 

ココロン
「でも、せっかく読んでくれている人に対して、もう少し丁寧でもいいと思うけど?」

川島先生
「これでいいのだ!」

ココロン
「えっ?バカボンのパパ?」

川島先生
「正解!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる