うつ病

うつ病の再発を何度も繰り返す「反復性うつ病性障害」とは?

最近体調が回復してきたな!と思っていたのに、しばらくすると、元通りうつ病の症状が悪化してしまう。

このような場合、「反復性うつ病性障害」という診断される場合があります。

・・・

反復性うつ病性障害とは?

うつ病という病気は、もっと大きなくくりで考えると、「気分障害」の中の一つに属します。

気分障害は、主に「うつ病性障害」と「双極性障害」の2つ分類され、さらにこの「うつ病性障害」は、「うつ病」と「気分変調症」などに分けられることになります。

うつ病性障害と双極性障害の違いは、「そう状態」があるかどうかになります。

うつ病性障害はいわゆるうつ症状が主な症状であるのに対して、双極性障害の場合は、うつ症状とそう状態の症状の両方があります。

うつ病などの気分障害が発症する前の状態に戻ることを、「寛解・かんかい」と呼びますが、2か月以上の寛解期を経て、再びうつ症状が繰り返される場合に、「反復性うつ病性障害」と診断されることがあります。

反復性うつ病性障害の原因は?

うつ病、気分障害ともに、その原因は、脳内伝達物質セロトニンの減少または、そのバランスの悪化が原因と、「考えられて」います。

そしてその治療に、抗うつ薬の作用により、「強制的」にセロトニンの分泌量をコントロールしちゃえばよい?、と考えるのが、現在主流となっている薬物治療になります。

確かに、抗うつ薬の作用により、一時的に不快な症状が改善することはありますが、そもそも、うつ病、うつ症状が発症してしまった原因を取り除くことはできません。

原因が特定できないことが、原因

実際に、多くの人が、「なぜうつ病が再発してしまうのか?」と疑問や不安を感じたていますが、その理由は、ある意味とてもシンプルです。

その理由とは、「原因が特定できていないのに、対処法で誤魔化してしまう」からといえます。

例えば、「人間関係のストレス」が原因でうつ病になってしまった人の場合で考えてみください。

この場合には、その人間関係において、どのようにストレスを感じてしまったのかを探り、今後どのように良好な人間関係を築いていくか?ということがもっとも自然なアプローチであることは、ご理解頂けると思います。

しかし、このような自然の流れを無視して、「強制的」に薬物でコントロールしようとしても、決して、人間関係が良好になることはあり得ません。

急がば回れ

もしもあなたが、確実にうつ病を回復させたいとお考えでしたら、まずは、根本的な原因を見つけ出し、その解決策を検討する必要があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる