うつ病克服法

うつ病で、被害妄想が激しいときの、対処法

あなたはうつ病を患っていて、

被害妄想が激しいこと

にお悩みではないでしょうか?

もしもそうなら、ぜひ、この記事の続きを読んで下さい。

・・・

被害妄想が起こる原因

被害妄想は過去のトラウマ経験から生じます。

あなたが今まで生きてきた中で、あなたの事を、

  • 激しく批判された
  • いじめられた
  • 裏切られた

このような経験の記憶から、被害妄想が起こります。

 

過去のトラウマを避けようとする

きっとあなたにも、思い出したくない記憶、経験があると思います。

そして、二度とそのような思いをしたくないと考えると思います。

そして、どうしたら、そのようなイヤな体験をしなくて済むのかという、対策を考え始めます。

あの人から、

  • こう思われるかもしれない
  • こう言われるかもしれない

きっとあなたは、一生懸命、未来の対策を考えると思います。

未来は考えても分からない

しかし、未来にどのようなことが起こるのかは、誰にもわかりません。

どんなに一生懸命考えても、絶対的な解決策、答えを見つけ出すことはできません。

それどころか、考えれば考えるほど、あなたの不安は増していきます。

頭の中が不安で一杯になる

あなたは、過去のトラウマ経験を避ける方法を一生懸命考えようとしましたが、その解決策が見つからないどころか、頭の中が不安要素で一杯になってしまいます。

そして、不安が更に新しい不安要素を呼び寄せることになります。

妄想と現実の区別がつかなくなる

頭の中が不安で一杯になると、あなたは更に混乱していきます。

そして、その結果、現実で起こっていることと、妄想上のものの区別がつかなくなってきます。

この妄想上のもの、あなたが不安に感じ、それに対して対策をしようとしたものが、

あなたにとっての被害妄想

あなたにとっての被害妄想になります。

現実の世界では、何も起こっていません。

あなたが、不安のあまり、頭の中で作り出してしまったのです。

被害妄想が激しいときの対処法

あなたの頭の中は、不安で一杯になりすぎて混乱しています。

一番手っ取り早い、対処法は、

寝てしまうこと

寝てしまえば、これ以上、被害妄想が起きることはありません。

ネガティブなことを考えても、あなたには何もメリットがないので、寝てしまいましょう。

うつ病を患っている人達は、この事を、「寝逃げ」と呼んでいます。

考えると、不安になったり、つらくなるだけだから、寝て逃げてしまおうという考え方です。

逃げるというと、何かマイナスな表現に感じるかもしれませんが、非常に有効な方法です。

 

まとめ

  • 過去のトラウマ経験を、避けようとしている
  • 未来に何が起こるかは、考えても分からない
  • 「寝逃げ」が非常に有効です

 

ココロン
「不安な時は、あしたのおやつの事を考えるんだよ!」

川島先生
「それはいい習慣だね!素敵な夢が見れそうだね!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる