うつ病と仕事

うつ病で周囲の意見が気になる 批判されるのは当たり前と気づくべき

きっとあなたは、うつ病になる前は、周囲の視線なんか気にする事なく、自分のやりたい事、信じたことを、夢中で挑戦してきたことだと思います。

しかし、うつ病と診断されて以来、いつもいつも周囲の視線を気にしたり、批判されることを必要以上に恐れるようになってしまったことだと思います。

そもそも自分らしい生き方をすることは、批判を受けることは、当たり前のことなのです。

・・・

批判する人は必ず現れる

あなたにとって大切なものができたとき、自分はこの生き方をするんだ!

と決めた時、あなたを批判する人が必ず現れます。

このように、自分らしい生き方を貫こうとすると、必ず批判してくるタイプの人とは、その人自身も自分らしい生き方をしたい。

とは思うものの、それを実行、行動に移せず、やはり今のあなたと同じように、他の誰かから批判された人なのだと思います。

そして、その批判に屈してしまい、自分自身の生き方を諦めてしまった人が、今のあなたの批判することで、自分を正当化しようとしています。

つまり、ただただ、あなたの邪魔をしているのです。

あなただけ特別ではない

このように、自分らしい生き方を貫こうとすると、かならず、その人を邪魔しようとする人が現れます。

それはあなただけが特別、批判されている訳ではありません。

他の人たちと同様に、自分らしい生き方を貫こうとする人、すべてに共通して言えることです。

それは、私、川島剛であっても、まったく同じことです。

私自身も、現在でも、強い批判を受けていますが、それでも自分らしい生き方を貫く以外に方法はありません。

批判する人もそのうち飽きる

今、あなたの生きざまと痛烈に批判してくる人たちも、あと数か月もすれば、あなたを批判することに飽き始めます。

いい意味で、あなたのことに呆れ、これ以上批判しても面白くない。

と判断するようになります。

そして、もっと批判して、面白い反応をしてくれる人を見つけ、新しいターゲットを見つけ、また他に、自分らしい生き方をしようとしている人の邪魔を始めます。

ですので、相手があなたの事を批判することに飽きてくるまで、もうしばらくの辛抱が必要です。

きっとあなたの事を痛烈に批判した、その本人は、すでにあなたの事自体に、興味関心すらない状態です。

ただただ、あなたが、その人から批判された記憶を、なんども頭のなかで、繰り返しているだけです。

だれもあなたの事なんかに興味はありません。

そのくらいの領域に達することができれば、本当のあなたらしい生き方を貫くことができるようになるはずです。

私もあなたに興味がないよ

あなたが、私に興味がないのと同様に、

私も、あなたの事に、一切興味がありません。

まとめ

・批判する人は、必ず現れる
・批判することを、おもしろがってるだけ
・もうすぐ、それも飽きるはず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る