うつ病

うつ病で引越ししたい、不安・準備もその後も大変

うつ病引越し

もしもあなたが、

引越しを検討しているのでしたら、

ぜひこの記事を読んで下さい。

・・・

引越しして、気分一身したい

住む場所が変われば、あなたは、今までとは違う新しい環境で、生活することができます。

嫌なことは全て忘れて、人生をやり直したい。

あなたは、そうお考えかもしれません。

 

しかし

引越しはとても大変な作業です

  • 新しい住居の手配、手続き
  • 今までの住居の手続き
  • 引越しサービスとの日程調整
  • 不要家財の処分
  • 市役所なでで、転出、転入届け
  • 運転免許証の住所変更
  • 郵便物の転送手続き
  • 水道・ガス・電気の契約解除
  • 荷物の梱包作業
  • 新しい住居の家財の配置
  • 新しい家財の購入

・・・

新しい住居の近所の、病院を探しておく必要があります。

かかりつけの病院で、紹介状を書いてもらう必要もあります。

・・・

・・・

考えただけでも恐ろしくなるくらい、とにかく、やらなくてはならないことが、山済みです。

それでも、引越しをすることになれば、それらを全て、こなさなくては、なりません。

 

うつの症状がひどい時、引越しは避けるべき

人によっては、どうしても、引越しをしなくてはならない状況のときも、あるかもしれません。

でも、症状がひどい時は、引越しは避けるべきです。

ご本人は、あまりの環境の変化と、やらなくてはならないことで、完全に、疲れ果ててしまいます。

 

冬は、特に避けるべきです

誰でもそうですが、冬は体調を崩しやすいです。

気温が低い時期は、活動量が下がります。

特に、うつ病を患っている人にとっては、冬はとてもつらい時期です。

できれば、気温が温かくなってくる春まで、引越しを延期した方がよいでしょう。

 

体調が悪いときに引越しをすると

仮に、新しい住居に、荷物の搬入が終わったとしても、そこからが実は大変です。

例えば、

  • スマホの充電器はどこ?
  • 綿棒がない・・・
  • コンタクトのケースがない・・・

こんな些細な問題が、多発します。

ただでさえ、やらなければならない事がたくさんあるのに、ほんのちょっとしたことでも、モノがなくて、できないのです。

あれもない、これもない。

ない、ない、ない・・・

きっとご本人はどんどん混乱してしまい、症状は更に悪化してしまうことでしょう。

 

みんなで手伝えばなんとかなる?

家族みんなで手伝えばなんとかなる、そうお考えかもしれません。

しかし、ご本人がしなくてはならないことも、たくさんあります。

やれ!と言われても、できないものは、できません。

 

まとめ

  • 引越しによる、環境の変化は、ダメージが多すぎます
  • やらなくてはならないことが、多すぎます
  • 短期的には、症状が悪化します

 

ココロン
「引越しは、大変だよね?」

川島先生
「うん、うん!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる