うつ病

うつ病保険がない理由について、考えます

万が一がんを発症し、がんと診断された場合に備える、がん保険とい商品はそんざいします。

しかし、万が一うつ病を発症し、うつ病と診断された場合に備える、「うつ病保険」という商品は、おそらくないと思います。

なぜなのか?

・・・

あくまで個人的解釈です

私は各種保険サービスについて、詳しい知識があるわけではありません。

そのため、以下はあくまで、私個人的な理解、解釈であることを、十分にご理解ください。

がん保険について

もしもがんと診断された場合、治療が必要になります。

その場合には治療費がかかりますし、治療のために、入院、静養のため、仕事ができない状態になります。

簡単に言ってしまえば、出費は増えるが、収入は減る、もしくは収入がなくなってしまうわけです。

このような最悪の自体に備えて、各種がん保険という商品が存在します。

うつ病保険?

がんの場合と同様に、うつ病と診断されれば、診療費、各種お薬にかかるお金。状況がひどい場合には、入院が必要なケースもあります。

また、治療のため静養が必要になるため、仕事ができない状態になります。

この場合においても、出費は増えるが、収入は減る、もしくは収入がなくなる。

基本的な流れはがんの場合と同じになるはずです。

しかし、がん保険のように、万が一うつ病と診断された場合の、「うつ病保険」という商品は、おそらく存在しないと思います。

診断基準があいまい

がんの場合は、病理検査で細胞を摂取し、がん細胞の有無をチェックし、科学的な診断を行います。

そして、治療、手術ということになれば、さまざまなリスクがあるため、医師も、患者さんも、その判断には慎重にならざるを得ません。

しかし、うつ病の場合には、治療といっても、所詮「お薬を飲む」だけなので、がんと比べると、医師にも、患者さんにもそれほどリスクはありません。

極端な話、うつ病の場合は、必ずしも治療をしなければいけない、というわけではありません。

診断基準は問診のみ

がんと異なり、うつ病の診断基準は問診のみで決定します。

・患者の訴え

・医師の判断

この2つにより、うつ病か否かが決定します。

つまり、患者がうつ病になりたいと思えば、一生懸命体調不良を訴えれば、だれでもうつ病と診断されることが可能です。

保険金詐欺が横行?

もしも「うつ病保険」なるものが存在したとしたら、その制度を悪用することは、とても簡単なことです。

お金に困ったら、「うつ病保険」に加入して、精神科にいって、オーバーに症状を主張するだけで、大金を手に入れることができてしまいます。

医師と患者がグルになって、組織的に、保険金詐欺をすることもできてしまいます。

いいかげんな病名

確かにうつ病という病気はつらいものです。しかし、これほどまで適当で、いいかげんな病気は他にはないのかもしれません。

そして、このようないい加減な病気に、ほんろうされ続けている、ということに気づいて頂きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる