うつ病の症状と対処法

不安はうつ病のせい?不安を病気と解釈すること自体が病気です

きっとあなたは、うつ病と診断されて以来、何年もの間、不安、孤独と戦ってきたことだと思います。

なぜこんなに不安に感じるのか?

うつ病だから?

再発かも?

実は違います。

・・・

不安は正常な反応です

そもそも「不安」とは、人が生きるためにあらかじめ備わっている防御反応です。

不安な感情が働くからこそ、危険を察知し、危険や危機を回避できるようになります。

ですので、むしろ、まったく不安を感じない人の方が、ある意味異常と解釈することができます。

うつ病者の不安への考え方

実際にあなた以外の多くのうつ病患者もまた、常に不安を感じています。

そして、そのほとんどの方が、「不安の原因はうつ病にある」と考えてしまいます。

そして、「うつ病が改善すれば、不安はなくなるもの」と考えてしまいます。

残念ながら、仮にあなたのうつ病が改善したとしても、今度は別の不安要素が必ず生まれ、必ずついてくるのです。

うつ病者の不安への誤解

先述の通り、うつ病の方は、「不安の原因はうつ病にある」と解釈する

不安≒うつ病

と考えてしまいます。

ですので、新しい不安要素が生まれるたびに、「またうつ病が再発したかもしれない」と考えてしまいますし、その不安感から解放されたいあまり、精神安定剤に手を出してしまいます。

うつ病の悪循環

このように、ひとつの不安要素が発生するたびに、うつの悪循環を繰り返します。

・不安①

↓うつ病

↓精神安定剤

・不安②

↓うつ病

↓精神安定剤

・不安③

↓うつ病

↓精神安定剤

この悪循環の先に、快適な未来を見つけることができますか?

不安を病気と解釈すること自体が病気だ

確かにうつ病に不安はつきものです。

しかし、上記のような

不安≒病気のせい

と考えてしまうこと自体が、あなたの病気なのです。

そしてさらに、その不安から一時的に逃れるために、薬で強制的に抑え込もうとしてしまうこと自体が、病気なのです。

うつ病の悪循環から抜け出すために

もしもあなたが、本当にうつ病から抜け出したいとお考えでしたら、上の例の悪循環をもう一度しっかりと理解してください。

何かについて不安を感じた時に、「うつ病のせい」「病気だから、薬で対処」というプロセスさえ取り除けば、確実にこの悪循環から抜け出すことができるはずです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる