川島剛

頭痛、頭が何かに刺されたように痛いです・・・

心のグラフの川島です。

今日は、ひどい頭痛に悩まされています。

あなたも何かで突き刺されたような痛みです。

その痛みを感じながら、この記事を書いています。

・・・

カフェフラペチーノ

近所のコンビニ、サークルK・サンクスに行きました。

コンビニの駐車場には、期間限定『カフェフラペチーノ』のノボリが立っていました。

とてもおいしそうで魅力的だったので、その『カフェフラペチーノ』を購入しました。

コーヒーテイストの、かき氷のような、シェイクのような飲み物です。

頭を指すような痛み

今回購入した、『カフェフラペチーノ』、正直とっても美味しかったです。

ただ、美味しさのあまり、夢中で食べて(飲んで?)しまいました。

その結果、

キ~~~ン!!!

頭の中を何かで突き刺されたような痛みに襲われました。

アイスクリーム頭痛

このような冷たい食べ物を食べた時に起こる頭痛の事を、『アイスクリーム頭痛』と呼ぶそうです。

しかも、『アイスクリーム頭痛』は、医学的な正式名称とのことです。

英語では、Ice-cream headache (アイスクリーム・ヘデイク)。

文字通りです。

メカニズムは現在でも不明

きっとあなたも、このようなアイスクリーム頭痛を経験したことがあると思います。

『冷たいものを食べた時に、頭痛が起こる』

ここまで条件がハッキリと分かっているにも関わらず、『アイスクリーム頭痛』が発祥するメカニズムは現在でも不明のようです。

代表的な2説

このアイスクリーム頭痛には、有力な2つの説があるようです。

脳血管の炎症説

冷たい食べものにより、口腔内の温度が急激に低下。その反射として体温を上昇させるため、頭、脳に通じる血管を膨張させて血量を一時的に増大させ、それにより頭の欠陥が一時的に炎症し、頭痛が起こるという考え方

脳の勘違い説

冷たい食べ物により、のどの三叉神経が刺激され、この伝達信号を脳が勘違いして、関連痛として頭痛が起こるという考え方。

勘違い説に同意

私自身は、後者の『勘違い説』にはげしく同意します。

我々人間は、何らかの行動を起こすときに、『勘・かん』を頼りに動くものです。

しかし、この『勘・かん』ほど、いい加減で、適当なものはありません。

そのくらい『勘・かん』は、しょうもないモノだと思います。

勘がなければ

先述の通り、『勘・かん』が、いい加減、適当、しょうもないモノといいましたが、

逆に、『勘・かん』がなければ、人間は何も判断することができず、結果的に何も行動できなくなってしまうことだと思います。

しょうもないけど、必要なもの

人間が生きていく上では、このしょうもない『勘・かん』が必要なのかもしれません。

そもそも、しょうもないモノなので、『勘違い』が起こってしまうのも、仕方がないこと。

人間って、不思議な生き物だと思いませんか?

ココロン
「美味しいからって、欲張るからだよ~!」

川島先生
「大丈夫!ただの『勘違い』だから・・・」

川島先生
「(正直、まだズキズキするけど・・・)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる