川島剛

インサイドヘッドを見て泣いてしまったのは、私だけでしょうか?

ディズニー・ピクサーの映画、「インサイドヘッド」がテレビで放映されていました。地上波初登場ということで、楽しみにしていました。

・・・

感情をキャラクター化

今回の映画「インサイドヘッド」には、

  1. ヨロコビ
  2. カナシミ
  3. イカリ
  4. ムカムカ
  5. ビビリ

という五人の感情を司るキャラクターが登場します。

非常にユニークな発想な映画だな、と感心しながら映画を見ていました。

今まで感じたことのない感情が・・・

多くの映画、物語は、おおよそ「起、承、転、結」の流れでストーリが展開されます。

そして私が映画などに一番感動するのは、「転⇒結」のタイミングが多いというイメージがありました。

しかし、この「インサイドヘッド」という映画は、感動してしまうタイミングが、随所に、数えきれないほどあったのです。

  • 目頭が熱くなったり
  • 胸がザワザワしたり
  • キューンとなったり

正直、どのように言葉に表したらよいのか分からないぐらい、とても不思議な体験をしました。

おもしろい?オススメしたい?

この「インサイドヘッド」は、”おもしろい映画”とか、”オススメしたい”とか、そういったシンプルな言葉で表せない、奥深さがありました。

もっというと、「奥深さ」という言葉が適切なのかどうかも、分からないほど、不思議な感覚が残りました。

気持ち悪さもある

「インサイドヘッド」を否定したいわけではありません。

過去のピクサー映画を見てきた私にとっては、想定外の感覚がありました。

その想定外の感覚は、ある意味「気持ちが悪い」という感覚すら感じてしまう。

それぐらい不思議な感覚だったのです。

うまく説明できません

ごめんなさい。ここまで記事を書いてみましたが、この不思議な感覚を、言葉で説明することができそうにありません。

まだ、私の「ヘッドのインサイド」が、混乱しているのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる