川島剛

現役のお医者さんも、ネットでうつ病の治し方を探している

先日、私宛てに現役の医者と名乗る方から、お問合せを頂きました。

どうやら、このお医者さんも、インターネットで、うつ病の治し方を探しているようです。

・・・

あなたは、どう思いますか?

・・・

医者はうつ病になりやすい職業

詳しい情報はわかりませんが、お医者さんという職業は、うつ病になりやすいという話しを聞いたことがあります。

ここからはあくまで私の推測ですが、

  • 長時間勤務
  • 睡眠時間の減少
  • 生活習慣の乱れ
  • 仕事のプレッシャー
  • ・・・

このような原因により、うつ病になってしまうと推測します。

 

うつ病の医師は、抗うつ薬は飲まない

こちらも、正確な情報ではありませんが、あるお医者さんから、

うつ病の医師は、患者には抗うつ薬を勧めるが、自分自身は決して、抗うつ薬を飲まない。

このような話を聞いたことがあります。

そしてその理由を聞いてみたところ、

作用とメリット、デメリットを考えると、抗うつ薬は飲むべきではない

という回答でした。

ちなみに、抗うつ薬は飲まないけど、睡眠薬は常用しているそうです。

 

何の専門の医師かは分からない

今回、私宛てにお問合せ頂いた、医師、先生は、現時点では、何の専門の医師なのかは分かりません。

私の勝手な希望ですが、

精神科の先生でないこと

を期待します。

 

現在インタビューを依頼しています

私自身も、ぜひこの先生と、お話をしてみたいと考えています。

もしかしたら、普通では聞くこと、知ることができないような、面白い情報が見つかるかもしれません。

この先生からの回答を、楽しみに待っているところです。

 

お医者さんも人間です

お医者さんも、職業が医者というだけで、我々と同じ、人間です。

  • 仕事のストレス
  • 対人関係のストレス
  • 生活習慣の乱れ

これらが原因でうつ病になってしまうことは、仕方がないことだと思います。

しかし、自分自身のうつ病の治し方を、インターネットで探していることが、なんとも負に落ちないところです。

 

知り合いの先生に、相談すればよいのでは?

お医者さんには、お医者さんのつながりがあるはずです。

きっと、優秀なお医者さんを知っているはずです。

その方に相談すれば、良いのでないか?

正直、私はそのように思っています。

 

あなたの主治医の先生は、大丈夫ですか?

たぶん、大丈夫だと思いますが、念のために確認しておきます。

あなたの主治医の先生は、本当に大丈夫ですか?

もしかして、インターネットで調べた情報で、治療をしていませんか?

もしもそうなら、これは、非常に大きい問題だと思います。

 

まとめ

  • お医者さんだって、うつ病になる
  • 医者は、自分では、抗うつ薬を飲まない
  • あなたの主治医の先生は、本当に大丈夫?

 

ココロン
「患者さんには、お薬を勧めて、自分は飲まないって、なんかおかしくない?」

川島先生
「私もそう思うよ!何か理由があるよね?」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる