認知行動療法

認知行動療法 状況 気分 自動思考 いつもの考え・違う考え

うつ病の治療に非常に有効な認知行動療法の中に、コラム法というものがあります。

別名、認知再構成法とも呼ばれますが、非常に効果が高いワークですので、ぜひ勉強しておいて頂きたい内容です。

・・・

認知行動療法 いつもの考え・違う考え

Aさんの例

「まずは乱雑な部屋を片付けて、気分をスッキリさせよう!」と考えていますが、手つかずのまま2週間も過ぎてしまった。

状況

7月15日10時、

布団の中、散らかった部屋を眺めている

気分

憂うつ(95%)、自己嫌悪(95%)

自動思考

「なんて汚い部屋なんだろう。もう2週間も前から片づけようとおもっているのに・・・」

「自分は意思が弱い人間だ・・・」

「自分は何もできなくなってしまった・・・」

ポイント

『部屋の片づけが2週間できていないこと』が

『自分は何もできなくなってしまった』ことまで拡大してしまいました。

 

 いつもの考え(自動思考)  違う考え(悩みを跳ね返す考え)
もう2週間も前から片づけようと思っているのにできない。

自分は意思が弱い人間だ。

何もできなくなってしまった

「何もできなくなった」とは

『拡大解釈』だ。

ただ部屋の片づけが滞っているだけだ。

片づけは時間がかかりそうだ。 それほど時間はかからない。

途中で止めたっていいんだ。

机の上の整理だけするのもよい。

なんだか今日は調子がでない。 布団の中にいるときは誰だって調子が出ない。

まずはおきて、朝食を食べて、

それから始めてみよう。

いつもとは違う考え(悩みを跳ね返そうとする考え、自分を大切にする考え)を出してみたときに、気分は変化するか?

悪い方向に考えてしまう(自動思考)時には、たいてい物事の悪い側面ばかりみています。

そんな時には、いつもとは違う考え(悩みを跳ね返そうとする考え)をする自分もいることを思い出しましょう。

「揺らぐ自分」を否定せず、しっかりと認めて、よく観察しましょう。

まとめ

認知行動療法は、知識を学んだだけではまったく役に立ちません。

紙とペンを用意して、実際に書き出すことが、非常に重要です。

めんどくさい。そう言わずに、まずは、気持ちや感情を書き出す習慣を身に付けて頂きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる