うつ病克服法

うつ病、自分を認める、自己肯定感とは?

うつ病になってしまうと、今まで出来ていたことが出来なくなる。

そしてどんどんと自信を失っていく。

このとき更に、自己肯定感も同時に失っていくことになる。

・・・

自己肯定感とは?

ネットの辞書で「自己肯定感」を調べてみると、次のように定義されている。

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する語。 自己否定の感情と対をなす感情とされる。

少し難しい文章ですね。

シンプルな言葉でいうと、

  • 自分は正しい
  • 自分はOK

という感覚です。

うつ病になるまえは、

  • きっと自分は正しい
  • なんとかなるだろう
  • これだけできれば上出来!

このような考え方ができたはずだ。

しかし、今のあなたにはこのような考え方ができなくなっているはずだ。

自己肯定感が低下すると

うつ病になってしまうと、さまざまな体調不良が起こるだけでなく、今まで普通にできていたことが、出来なくなる。

こんな簡単なことすらできない自分が情けなく感じてしまうことだと思います。

そして、そのような状態が長期間続くことにより、あなたの思考はこのように変化していってしまいます。

自分は正しい

自分は間違っている

 

自分はOK

自分はNG

 

きっと自分は正しい

自分は間違っているに違いない

 

なんとかなるだろう

やばい、どうしよう

 

これだけできれば上出来

こんな簡単なことすらできない

 

きっとあなたもこのような思考に日々悩まされていることだと思います。

 

自己肯定感とうつ病再発の関係

自己肯定感が低い人ほど、うつ病の回復が遅くなる

自己肯定感が低い人ほど、うつ病は再発しやすい

自己肯定感が低い人ほど、うつ病が悪化しやすい

 

このように、自己肯定感とうつ病は密接に関わっている。

そのため、うつ病の改善させるためには、最優先で自己肯定感を高める必要がある。

自己肯定感を高める方法

他人から認められたり、褒められたとき、自己肯定感をもっとも効果的に高めることができる。

会社の上司、同僚から、

  • すごいじゃん!
  • さすがだね!
  • 頼りになるな!

なんて声をかけられたときのことを思い出してほしい。

たとえ相手がお世辞で言っていたとしても、決して悪い気はしないはずだ。

他人はコントロールできない

基本的に「他人はコントロールできないもの」ということを、しっかりと理解しておいて欲しい。

そして、相手に過剰に期待するほど、あなたの期待は裏切られることになる。

自分をコントロールする方が圧倒的に楽

他人、相手から認められる、評価される、褒められる方が、自己肯定感を高めやすいが、相手をコントロールすることはほぼ不可能に近い。

そのため、現実的には自分をコントロールすることで自己肯定感を高めるしかない。

自分で自分を褒める

そんなことをして何の意味があるのか?

そんな疑問がわいてくるかもしれないが、現実的には自分で自分を認め、そして褒める以外に、自己肯定感を高める方法はなさそうだ。

まとめ

相手に認められ、評価されることで自己肯定感が高まる
相手はコントロールできない
自分で自分を認め、評価する以外に、選択肢はない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる