うつ病者の自己啓発

うつ病でも 思い通りにならない人生を楽しむ 3つの方法

「あの学校に合格できなければ、人生はおしまいだ・・・」

「仕事でミスをしたから、もう会社を辞めるしかない」

などと、ものごとをなんでも極端に考える人がいます。

これは、うつ病になりやすい人、すでにうつ病を患っている人の多くの代表的な考え方、白黒思考と言えます。

・・・

白黒思考・0/100思考

上記のような極端な物事の考え方について、白黒思考、0/100思考などと呼ばれています。

このような人は、それだけでなく、正しいか間違いか、上か下か、良いか悪いかなど、すべての判断基準を2択で選ぼうとしてしまいます。

理想が高く、

「これは、こうあるべきだ!」

「こんなときは、こうするべきだ!」

といった強い信念を持っていたりします。

そのような思い込みがあるので、ものごとが自分の思い通りに行ったときにはものすごく喜びますが、

現実が少しでも自分の理想と違ったりすると、ひどい挫折感を感じたり、すべてがイヤになり、投げ出してしまうこともあります。

なぜなら、成功すれば素晴らしいけど、失敗したらすべてが台無し、という極端な考え方をしてしまうからです。

このような人は「大体出来ていればいいか!」とか「平均的によければいい!」といった考え方が出来ず、やるからには100%うまく行かないと気が済まないのです。

現実から目を背けている

上述のような極端な物事の考え方の人、白黒思考の人は、「あいまいさ」を嫌う傾向があります。

その結果、仕事や人間関係でもトラブルを起こしがちです。

誰かが少しでも「以前言っていたこと」と違うことをすると、「そんなことは言ってなかっただろ!」と怒り出したりします。

また、「自分が思っていたのと違う」という理由で、すぐに仕事を辞めて、職を転々としたり、お付き合いする恋人を次々と変えて行ったりします。

白か黒、どっちかハッキリとしていないと気に入らず、グレーなどといった、その間の状況が許せないのです。

しかし、そのような考え方に縛られていては、いつまでたっても現実を受け入れることができません。

世の中というものは、白か黒というように、ハッキリと分けられるようなものは、圧倒的に少ないのです。

  • 何が正しくて、何が間違っているのか?
  • 何が良くて、何が悪いのか?

といったことに明確な境界線はないのです。

人生というものは、すべてが自分の思い通りにいくわけではありません。

そのことを受け入れられないということは、結局のとこと、現実から目を背けているのと同じことなのです。

いろいろな視点を持つ

極端な考え方をしてあなた自身を苦しめないために、まずは、自分自身としっかりと向き合ってみましょう。

そうすれば、自分の力のなさや、自分の考えの甘さに気づいてくるはずです。

そして、そのような自分の未熟さを自分の力で乗り越えていく事で、自分を成長させることができるのです。

しっかりと現実を見つめて「この世の中に完璧なものはない」ということが分かってくれば、ゼロか100という判断基準が、以下に現実離れしたものか、ということを知ることができます。

そして、どんなときでも、80の実力を出せる自分を作っていく、という新しい考え方ができるようになっていくはずです。

そして、結果だけにフォーカスするのではなく、「自分が全力を尽くすことにも意味がある」という見方もできるようになるのしれません。

それまでは、「ゼロか100」という判断基準歯科なかったのが、いろいろな視点をもつことで、いろいろな角度から自分を評価できるようになるのです。

思い通りにいかない人生を楽しもう

「人生は思い通りにいかないことがあるから嫌いだ。」

という考え方をもしもあなたが持っているのでしたら、ぜひ、

「人生は思い通りにいかないからおもしろい」

という視点を持ってほしいと思います。

人生は予想がつかないから、ワクワクすることができるのです。

そして、失敗や挫折があるから、人は成長できます。

今は「悔しい」と思っても、あとで「あの経験があったから、今の自分がある」と思えることが必ずあります。

思い通りにいかない人生、

理想通りにいかない人生、

というのが現実なのです。

ですので、思い切ってその現実を楽しむという姿勢でいた方が、より豊かで良い人生を送ることができるはずです。

まとめ

・白黒思考は、あなたを苦しめている
・白黒思考は、現実を受け入れられていない証拠
・思い通りにいかない人生を楽しもうよ

ココロン
「失敗や挫折の経験があるから今のワタシがある!!」

川島先生
「人生、楽しんでるね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

変わりたいのに・・・
変わろうとしないのは・なぜ?



 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?





いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません