うつ病

うつ病を自力で治そうとする人って 極論を言えば 逃げただけ

非常に多くの方が、

・自力で うつ病を治そう!

・自力で うつ病を克服しよう!

そのように考えることだと思います。

それは一見、カッコよさそうに見えるかもしれませんが・・・

主治医の先生の言葉

きっとあなたも、うつ病と診断された当時、主治医の先生の言葉、アドバイスを、真剣に 聞いていたことだと思います。

『うつ病は治る病気ですよ!』

『心配しないで、マイペースで過ごしてくださいね!』

このようなアドバイスを頂いたことだと思います。

主治医の先生の指示

そして、主治医の先生はあなたにこのように指示、アドバイスをしてくれたはずです。

  1. 生活習慣の改善
  2. 処方された薬を飲むこと

きっとここまでは、あなたの場合も同じ流れになると思います。

なぜ治らないのか?

初めてうつ病と診断されてから、6か月ぐらい経過すると、あなたの中で、ある疑問が生じてきます。よね?

・うつ病は、治る病気のはず!

・でも 治らないのは、なぜ?

その疑問を解消するために、主治医の先生に、尋ねたことがあると思います。

それに対して主治医の先生は、あなたに このようにアドバイスをしてくれたことだと思います。

  1. 生活習慣の改善
  2. 思考習慣の改善

先生は、何度も何度も、あなたにアドバイスしてくれたはずです。

それにも関わらず、あなたは、

  1. 生活習慣の改善
  2. 思考習慣の改善

には、

  • すぐに飽きてしまった
  • あきらめてしまった

ことだと思います。

今続けているのはなに?

ちなみに、今あなたが 続けられている事、継続できている事は、次のうちどれですか?

  1. 薬を飲むこと
  2. 生活習慣の改善
  3. 思考習慣の改善

今あなたが、続けることができているのは、

1. 薬を飲むこと

だけ、だと思います。

ちなみに 2. と 3.  なんで無視しちゃうんですか?

選択肢はあったはず

そしてあなたには、もう一つの選択肢があったはずです。

それは、心理療法、カウンセリングです。よね?

きっとあなたも、すでにご存知なはずです。

うつ病の改善には、心理療法、カウンセリングがとっても有効であること。

でも、逃げたよね?

あなたには、もう1つの選択肢があったにも関わらず、単純に逃げたことだと思います。

その理由はとてもシンプルです。

お金を失う恐怖

あなたは、『経済的な理由』というよりも、

・お金を払いたくない

・お金を失うことへの恐怖

このような理由により、あなた自身の選択肢をつぶした・・・

つまり、逃げ出したという事です。

自力でなんとか・・・

そんなあなたは、自力で、自分でなんとかしようとしていることだと思います。

・・・

それで結局のところ、

なんとかなりましたか?

・・・

なんとかなってないから、今あなたは、この記事を読んでいるのだと、私は思います。

違いますか?

まとめ

・なぜ、アドバイスを無視するの?
・つまり、逃げただけ だよね?
・自力でなんとか、なった?

ココロン
「逃げたくなる気持ち、分かるな!」

川島先生
「でも、逃げちゃいけない時って、あるんだよね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

効果 を求める アホ な 主婦たち
VS
成果 を求める ふつう の主婦

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?






・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?






・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?






・質問4:

あなたは、『効果があるモノ』を探し始めて、すでに 115日以上 経過していませんか?



 
 



いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません