うつ病の症状と対処法

うつ病で 失われた自信を 取り戻す 3つ方法とは?

もしもあなたが、うつ病を患って以来、自分に自信を持てない。

そのようなことにお悩みでしたら、ぜひこの記事の続きを読んでみてください。

・・・

自信がない だから自分には無理

期待した成果が出なかったり、人間関係がうまくいかなかったり、失敗したりすると、自信を失ってしまうこともあると思います。

もしもあなたが、うつ病を患っているのでしたら、うつ病ゆえに、自分に自信が持てない。

そのようなことにお悩みのことだと思います。

そんなときは気分が落ち込んでしまい、「もう1回挑戦してみよう!」と思えないのかもしれません。

それどころか、「自分には無理だ。」「自分はダメだ。」と考えてしまうのかもしれません。

誰でも失敗はする

しかし、心をラクにさせるために知っておきたいことは、人生に失敗はつきものということです。

期待通りの結果が出なかったり、うまくいかないことは誰にだってあるのです。

かく言う私自身も不器用な性格なため、人間関係でも失敗だらけだし、新しいことにチャレンジした場合、そのほとんどが失敗に終わります。

うまくいかなかったことや、失敗した経験は、逆に自慢できるぐらいたくさんあります。

生きていれば、失敗するときもある

生きていれば誰でも失敗はするもので、そのとき、「その失敗はそんなに問題なの?」という視点をもつことが大切です。

もちろん、落ち込んでいるときに、そう考えることができない自分を否定する必要はありません。それは仕方のないことです。

しかし、失った自信を回復させるためには、上手くいかなかったことを必要以上に問題視しないで、

「生きていれば、失敗することもある」

と少しでも自分を客観視することが重要です。

失敗にフォーカスし過ぎない

「失敗してしまったときに、その失敗にフォーカスし過ぎないことが重要」と言っても、きっとあなたは「そんなことできない」と思うのかもしれませんが、心配はありません。

今すぐに、それができるようになる必要はありません。

少しづつでも練習して、そうなっていけるようになればいいのです。

焦る必要はありません。

失敗して落ち込んだときに、「これは、そんなに問題なのか?」と自分に問いかけることから始めましょう。

どんなに優秀な人でも失敗をする

自信を失うのは、失敗というものを重く見過ぎているからです。

しかし、どれだけ能力がある人でも、すべてのことがうまくいっているわけではない、ということを忘れてはいけません。

そして、失敗も成功までのプロセスの一部だと考えれば、自分の心にかかる負担を減らすことができます。

失敗したときは、うまくいかなかったことにフォーカスし過ぎないで、「できていることもちゃんとある」ということを忘れないようにしてください。

自分の視野を広げてみよう!

人というのは、ミスや失敗にフォーカスしてしまう傾向があるので、必要以上にその部分を見過ぎて、問題し過ぎていることが多いのです。

ですので、ミスをしたときは、意識的に

「本当にこれはそんなに問題なのか?」

「自分と同じようなミスをしている人もいるのではないか?」

と考えて、自分の視野を広げてみましょう。

まとめ

・どんなに優秀な人でも、失敗はする
・失敗をしない人とは、何も挑戦しない人
・ミスをしてしまった時、視野を広げて分析してみよう

 

ココロン
「エジソンは9999回失敗して、電球を発明したらしいよ!」

川島先生
「そう考えると、たった一度の失敗なんて、ちっぽけだよね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

変わりたいのに・・・
変わろうとしないのは・なぜ?



 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?





いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません