うつ病

うつ病は女性が多い理由、生理周期がセロトニンを減少させる

男性よりも女性の方が、うつ病になりやすいと言われています。

実際に女性の方が男性の約2倍も多いと言われています。

・・・

男性と女性ではセロトニンの量が違う

脳内伝達物質セロトニン量を比較すると、女性は男性の半分くらいしかないと言われています。

また、セロトニンの原料であるトリプトファンの摂取が減少したときに、セロトニンを合成する力が女性の場合は、男性の3分の1程度になってしまうことも分かっています。

うつ病は脳内伝達物質セロトニンの減少であり、女性の方は男性よりもセロトニンを合成する力が弱いので、うつ病になりやすいと考えられています。

生理周期とセロトニンの関係

女性の方は、生理周期に合わせてホルモンバランスが変化します。

生理前は黄体ホルモンが多くなるため、これによりイライラや不安を感じたり、様々な体の不調を引き起こすことになります。

そしてこの時期にはセロトニンが減少しがちになります。

さらに女性の場合は、妊娠によってホルモンバランスが大きく変動します。

産後うつ

妊娠中はエストロゲン、黄体ホルモンがたくさん分泌されます。

出産後は黄体ホルモンはほとんどでない状態になります。

この大きなホルモンバランスの変化により、セロトニンの分泌量が減少すると考えられています。

更年期うつ

さらに閉経期には、女性ホルモンの分泌量がさらに減少し、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経の働きが不調になると、セロトニン分泌量が減少するため、うつ状態になってしまうと考えられています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる