うつ病

うつ病の回復の兆し・目安

うつ病治る人治らない人共通点

どうなったら、うつ病が回復したと言えるのか?

個人差があるので、一概には言えませんが、

今まで興味すらわかなかったことを、

少しでもやってみようかなと思えたときが、

回復の兆しかもしれません。

・・・

うつ病の回復期

うつ病の回復期と呼ぶことがあります。

ここでいう回復期とは、もっともひどい状態を抜け、症状が安定してきた時期を回復期と呼びます。

回復期といっても、うつ病、うつ状態になる前に戻った状態ではなく、あくまで、最もひどい状態を抜けた状態です。

あなたもご存知の通り、うつ病の波、うつの波は何度もやってきます。

うつ病の波

うつ病の原因は、セロトニンをはじめ、各種、脳内伝達物質の減少と考えられています。

脳内伝達物質のコントロールが正常に働かないため、頭や体がうまく動かなかったり、さまざまな不調が起こります。

うつ病をできるだけ、早く回復させるには、休養、静養が重要です。

しかし、うつ病だからといって、一日中ゴロゴロしていたり、布団の中で過ごすことは、精神的によくありません。

朝はつらいかもしれませんが、

  • 毎日決まった時間に起きる
  • 朝ごはんをしっかり食べる
  • 軽い運動をする

この3つを心がけましょう。

 

朝起きる時間がバラバラだと・・・

一昨日は、AM11:00起き

昨日は、AM13:00起き

今日は、AM10:00起き

このような生活をしていると、朝起きることができない自分、午前中何もできない自分に罪悪感を感じます。

そして、その調子で、午後もグダグダ、ダラダラとしてしまいます。

そして、グダグダ、ダラダラしている自分に、更に罪悪感を感じます。

そして、気がつくと、日がくれ夜になってしまいます。

そして、今日も1日何もしなかった、何もできなかった自分に罪悪感を感じます。

朝起きることができなかったことが、1日中、尾を引きます

一日中、罪悪感を感じながら生きることになります。

そして、毎日毎日、罪悪感を感じることになります。

そんな生活を続けていれば、誰だって生きているのが嫌になります。

生きている意味がないと感じます。

死にたくもなります。

自殺の方法を考えたくもなります。

でも、冷静に考えれば、朝起きることができないことが、全ての原因です。

 

朝、定刻に起きるだけで、1日が変わります

もしもあなたが、人生を変えたいと思うのであれば、明日は必ず、AM6:00に起きて下さい。

別に私はあなたに命令しているわけではありません。

あなたが、あなたとの約束を守ってください。

 

まとめ

  • うつ病の回復期は、毎日定刻に起きる
  • 朝寝坊で、1日中、罪悪感を感じる
  • 明日は必ず、AM6:00に起きる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる