うつ病

うつ病・回復期の過ごし方・焦りやイライラを感じない方法

もしもあなたが、うつ病を患っていて、

うつ病のピークを超え、現在、回復期にあるとしたら、

ぜひ、この記事を読んで下さい。

・・・

うつ病の回復期

うつ病の回復期とは、うつ状態、うつの症状が、もっともひどい状態を乗り越え、日常生活において、今までできなかったことが、少しずつできるようになった常態です。

一般的に、うつ病は、良くなったり、悪くなったりを、長期的に繰り返す傾向があります。

そして、できるだけ、早く回復させる方法ををお教えします。

 

うつ病を早く回復させる方法

うつ病をできるだけ早く回復させるには、あなたが好きなことを、思いっきりやることです。

私自身もうつ病経験者です。

私自身、うつ病になり、仕事を休職している間、とにかく自分が好きなことを、やり続けました。

ちなみに、こんな感じです。

  • ピアノを引き続ける
  • ギターを引き続ける
  • 歌を歌い続ける
  • 犬の散歩に行く
  • 犬とじゃれあう
  • ジムに行って、水泳をする

 

できるだけ、身体を動かすこと

うつ病の回復期は、回復期といっても、まだ、集中力が続かないことがあります。

ですので、読書などは困難で、すぐに嫌になってしまうと思います。

頭を使うことや、長時間、集中力が必要な作業は、あまりオススメできません。

頭を使うことではなく、身体を動かすアクティビティーがオススメです。

身体を動かすことで、脳の前頭前野や、海馬と呼ばれる部位の体積が増え、脳内の血流が増加し、脳が活性化します。

身体を動かすことで、食欲が増加します。

日中に身体を動かすことで、適度な疲労が溜まり、睡眠障害が改善します。

 

うつ病の回復期に、オススメできないこと

うつ病の回復期にオススメできないことがあります。

それは、インターネットです。

15分、30分程度の短い時間であれば、問題はありません。

しかし、うつ病で休職している人の多くは、長時間インターネットをしている傾向があります。

インターネット上には、さまざまなコンテンツがあり、パソコンの前に座っているだけで、暇つぶしになります。

そして、それは、気休めになるかもしれません。

冷静に考えれば、1日中、インターネットをしていることが、身体に良い訳がありません。

 

目標を立ててください

何も目標を立てないで、ただ漠然と生活していると、いたずらに時間が過ぎていきます。

その生活を続けていると、あなたの自信がどんどんなくなっていきます。

そして、どんどん社会復帰できなくなってしまいます。

逆に、今日すること、今週すること、今月することを、決めて、目標を立てて生活することで、自分が何ができて、何ができないのかが分かるようになります。

できることが、増えてくると、それがあなたの自信になります。

 

まとめ

  • 回復期は、好きなことをやり続ける
  • 頭を使わず、身体を動かす
  • 目標を立て、生活することで、それが自信になります

 

ココロン
「目標を立てるって大切だよね?」

川島先生
「小さな目標を、ひとつずつ達成できると、もっと大きなことができるようになるよ!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

治らない人共通点 とは?

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?







いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません