川島剛

過去最悪のうつ状態に陥るも、たった1日で回復させた方法・第一話

心のグラフの川島です。

『うつ病克服アドバイザー』という肩書としている、私、川島剛ですが、つい先日、過去最悪ともいえるうつ状態に陥りました。

もがきにもがき、地獄のような10日間でしたが、あることをしただけで、たったの1日でうつ状態が回復してしまったのです。

その経緯をお教えしますね。

・・・

理想の環境を求めて

私は、サラリーマン時代から、現在のうつ病克服プログラム・心のグラフの運営を続けてきました。

平日の日中は、当然会社に出勤しなければなりません。

心のグラフの運営をするには、本業の時間以外の時間を確保する必要があります。

夜に作業すると

会社から帰宅して、そのあとに心のグラフの仕事をしようとしても、当然疲れているので、気力も集中力もあがりません。

ごくまれに、集中力が高まるときもありましたが、その場合には、今度は逆に、夜中に集中力が高まり過ぎて、夜更かししてまで心のグラフの仕事を続けてしまいます。

これをすると、とうぜん、

会社に遅刻する

夜中遅くまで作業を続けてしまうと、次の日の朝、定刻に起きることができなくなり、会社に遅刻する。

そして、遅刻すれば当然、会社、同僚にも迷惑をかけてしまうし、上司からもお説教を受けることになります。

もともと、遅刻常習犯だった私としては、この心のグラフの作業に熱中するあまり、会社に遅刻してしまうというのは、さらに会社内における自分の評価に影響してしまいます。

そこで考えたのが、

早朝から作業を行う

どうしたら、会社に遅刻することなく、かつ心のグラフの作業を行うことができるのか?

朝早く起きて、作業をすればいいじゃん!

そういう結論になりました。

AM3:00に目覚まし時計をセット

従来は、会社に遅刻しないで出勤するために、目覚まし時計をAM6:00にセットしていました。

もともと寝起きが悪い私は、スヌーズ機能を使って、AM6:00から、10分ごとに、アラームがなります。

また、朝だ・・・

仕事か・・・

会社に行きたくない・・・

もう少しだけ寝ていたい・・・

そんなことを考えながら、スヌーズ機能のアラームを繰り返し、採取的にベッドから出るのは、だいたいAM6:40ころ。

・・・

だったら、はじめからアラームをAM6:40にセットしておけばいいのに!!

自分で自分にツッコミしたくなります。

きっとあなたも、同じだと思います。

早朝から心のグラフの作業をするために

このような寝起きの悪い私は、早朝から心のグラフの作業を行うために、

AM3:00に1度だけ、

さらに、本当に短い時間だけアラームが鳴るように設定をするようにしました。

 

※第二話に続く

この記事は、

「過去最悪のうつ状態に陥るも、たった1日で回復させた方法」の、第一話です。

このお話、長くなりますので、次の記事に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる